体育館等施設予約確認システムが稼動


 
 山形大学小白川キャンパスでは、事務情報化推進室のプログラム作成により、2月6日から体育館等施設予約確認システムが稼動しました。
 これまで、体育施設については、サークル会体育会委員が中心となって3ヶ月毎の体育館調整会議を行い、体育館、柔・剣道場、テニスコート、野球場及び陸上競技場の使用予約をその都度調整しており、集会室等については、集会室使用願を提出させ、事務室で職員が一覧表に手書きで記入していたため、施設の使用までには時間と調整に手間がかかっていました。
 同システムの稼動によって、施設の予約状況の確認から実際の予約まで瞬時に出来るようになり、本学では、事務室に専用のパソコンを常時2台設置して、学生サービスに資することとしています。
体育館等施設予約確認システム 大学会館事務室にパソコンを設置

戻る