仙道学長が高校生に熱いメッセージ


 去る5月20日(木)、仙道富士郎学長が米沢中央高等学校を訪れ、特別進学コースの生徒200名に熱いメッセージを送りました。
 これは、同校が進学指導の一環として学外有識者による講演会を企画し、本学に講演依頼があったところ、仙道学長が快諾して実現したものです。
 「世界に向かって羽ばたく日のために」と題した講演会では、「大学」の存在意義から本学が取り組んでいる様々な教育研究・社会貢献事業について、判り易く紹介されました。
 会場となった同校体育館において、演壇ではなく、生徒と同じ高さ・身近な距離に立って、大学という所の素晴らしさや、これからの日本を背負う若者に「こころの優しい人になって欲しい」と希望を語る仙道学長の熱いメッセージに、会場を埋め尽くした高校生は、時の経つのを忘れ、真剣に聴き入っていました。
生徒に身近に語りかける仙道学長

戻る