3年次学生「就職・学習等」保護者懇談会を開催(教育学部)


 去る6月26日(土)、 山形大学教育学部では3年次学生「就職・学習等」保護者懇談会を山形市内ホテルにおいて開催し、遠くは岐阜県や長野県からも含め、3年次学生の保護者102名、教職員31名が出席しました。
 最初に、石島教育学部長から本学部の現況について報告があった後、佐々木就職指導委員長から本懇談会開催の趣旨について、保護者の皆様と学生生活や卒業後の進路等についての相互理解を図っていきたい旨、説明がありました。
 次いで、各就職指導委員から、本学部の教員採用状況や公務員・企業への就職状況等について、資料に基づき詳細な説明が行われました。
 また、大学としての就職支援事業を初め、教員採用面接セミナー等、本学部として取り組むさまざまな就職支援事業の紹介もあり、各委員からも、「就職支援活動への学生の皆様の積極的な参加が必要であることや、そのためには保護者の協力も欠かせない。」など、保護者への一層の協力要請がありました。
 一方、学生の学習状況について説明の後、各担任から保護者へ当該学生の成績表が直接配布され、専攻毎にテーブルを囲みながら,、和やかな雰囲気のもとで就職や学習面のことについて熱心に懇談が行われました。
 出席した保護者からは「就職の厳しさを改めて感じました。なかなか情報を得る機会がなく、とても有意義な時間でした。また、子供の学習状況を知ることができてよかったです。」、「聞いた話を参考に、本人とも十分に話し合いをしたい。」などの感想が多く寄せられ、平成16年度懇談会は盛会のうちに終了しました。

戻る