郊外販売会「ハートバザー in ジャスコ」を実施
(教育学部附属養護学校)


 去る12月3日(金)、山形大学教育学部附属養護学校高等部の生徒24名が、自分達の製作した作業製品を一般市民の皆様に販売する「ハートバザー in ジャスコ」を、山形市のジャスコ南店屋内広場で実施しました。
 これは、製作から販売までの一連の作業を生徒自身が経験することによって、多くの一般市民の方々と触れ合う事を経験しながら社会の仕組みについて学ぶとともに、自分たちの製作した製品を購入していただくことで、”働く意欲や喜び”を高めるために企画したものです。
 生徒達が、手作りの椅子、ベンチ、カレンダー、メモ帳などの製品を丁寧に説明すると、行き交うお客様は足を止め、その熱心な姿勢に財布の紐もゆるみがちとなり、午前10時から午後2時までの間、「ハートバザー in ジャスコ」の会場となった広場では、生徒達が演出する心地よい雰囲気に包まれていました。

盛況だったハートバザー

戻る