「自然と人間の共生ー草木塔のこころを求めてー」
シンポジウムを開催


   
 去る1月23日(日)、仙道学長主催による「自然と人間の共生ー草木塔のこころを求めてー」シンポジウムが、小白川キャンパスで開催されました。
 このシンポジウムは、創造的な知性と心豊かな人間性を育む教養教育の一つとして、昨年の10月から合計11回、各地で「自然と人間の共生」への試みを実践している学内外の有識者によるリレー講演方式での教養セミナーの集大成として行われたものです。
 始めに仙道学長から挨拶があった後、(株)千歳建設代表取締役社長・千歳栄氏、国際日本文化研究センター教授・安田喜憲氏、たかはた共生塾塾長・星寛治氏、本学名誉教授・北村昌美氏、本学工学部教授梅宮弘道氏による講演が行われ、自然との調和を図りながら行なわれている人々の様々な営みや考え方等が紹介されました。
 続いて仙道学長のコーディネートによる総合討論があり、私たちがどのようにして自然と向き合っていくべきかについて活発な意見交換が行なわれると、会場を埋め尽くした学生や市民の皆様は、各々真剣な面持ちで自分なりの考えを廻らせていました。
 
自然と人間の在り方について討論 真剣な表情の参加者達

戻る