相良人形さがらにんぎょう(インフォメーションセンターより)


 相良人形は東北3大土人形の1つとされています。18世紀後半に成島焼を完成させた相良清左衛門厚忠さがらせいざえもんあつただが創始者で、米沢の子どもたちのために安価な土人形をとの思いで相良人形の製作を試みたといいます。

 相良人形は江戸から明治にかけて数多く作られ、中でも江戸期のものは古相良こさがらと呼ばれています。太鼓叩きの眼に注目すると三角形であることがわかります。この三角眼さんかくがんは古相良の特徴とされ、眼と眉を入れるのは代々当主の仕事でした。相良人形は素朴さの中にも気品があると評されており、武士が作った人形だからとも言われています。

 江戸後期から明治にかけて土人形の需要は急激に増えますが、雛飾りが普及するのもこの時期です。安価で愛らしい土人形の雛は庶民層に瞬く間に広がったことと思われます。不景気が続く現代においても、季節の行事に目を向ける心の余裕を持ちたいものです。

インフォメーションセンター案内


相良人形

戻る