「最上オープンカレッジ講座」公開講座を開催(人文学部)


 去る3月5日(土)、最上総合支庁、新庄青年会議所との共催による山形大学人文学部公開講座が、新庄市民プラザで開催されました。
 人文学部から柴田洋雄教授、伊藤宣生教授、是川晴彦助教授が講師として参加し、公開講座専門委員会の星野修助教授も、お世話係として同行しました。
 午後1時30分から、主催者である新庄青年会議所の高橋理事と人文学部の学部長代理として柴田教授の挨拶の後、伊藤教授、是川助教授の「まちづくり/中心街活性化」に関する講義と、柴田教授を中心に、26名の参加者によるディスカッションが行われました。
 ディスカッションでは、最上町で「まちづくり」に取り組んでいるメンバーや、新庄市で同様の取組みを行なっている青年会議所のメンバーなどとの質疑応答が行われ、中心街活性化の必要性や、行政の役割などをめぐって活発な議論が交わされ、終了予定時刻の午後4時30分を10分以上もオーバーする熱い議論が繰り広げられました。

戻る