附属演習林入山式を開催(農学部)


   
 去る5月6日(金)、平成17年度農学部附属演習林入山式が開催されました。
 この行事は、本演習林の前身である山形県の模範林当時から続いているものであり、大正5年5月6日に祠 (山の神) を建設し、安全を祈願したのが始まりで、毎年この日に実施されています。
 今年は、この冬の記憶的な大雪のため、現地での開催が危ぶまれていましたが、朝日村並びに演習林職員の除雪作業により、無事実施することが出来ました。
 入山式には、仙道学長を始め、大学関係者、山形県庄内総合支庁、森林保護組合、朝日村等の関係者が出席し、森林管理業務を開始するにあたり、入山者の安全を祈願しました。
 また、引き続き開催された懇談会においては、地域関係者から本演習林に対する数々の貴重なご意見を頂くことができ、さらに今年は、演習林の概要及び、活動状況について、小野寺演習林長からパワーポイントを用いたスライド上映も行われ、大変有意義な時間となりました。

     
演習林入山式
 安全祈願
懇談会でのスライド上映

戻る