山形大学公開講座を東京サテライトで開催


 工学部では、8月5日(金)に、東京サテライトを会場に、公開講座を開催しました。
 東京サテライトでの公開講座は、昨年に引き続き第2回目の開催で、今回は「高分子とナノテクノロジー−ものづくり研究の最前線−」のテーマで、同窓会組織である米沢工業会東京支部、TH会首都圏支部、親和会首都圏支部のご支援を得て、都内を始め近県から、企業の技術者を中心に、工学部OBや高校生など79名が参加して開催されました。
 公開講座では、ゲストスピーカーとして東京工業大学西敏夫教授を迎え、山形大学工学部の6人の教員とともに、ナノテクノロジーの導入により進展著しい高分子材料研究・開発の最前線について分かりやすく説明しました。
 参加者からは、「興味あるテーマが並んでいて、楽しませてもらった」、「最新の情報を得ることができ、ビジネスにも活用できる」、「山形大学工学部には、一層努力してほしい」等の声がありました。
 また、当日参加した高校生には、個別に入試相談を行い、山形大学における教育や研究等について、詳しく説明しました。

<公開講座スケジュール> 【PDFファイル】
      
  あいさつをする米竹機能高分子工学科長  入試相談を受ける高校生

戻る