平成17年度「派遣型高度人材育成協同プラン」に採択



 平成17年度文部科学省「派遣型高度人材育成協同プラン」に申請していた理工学研究科(工学系)の取組が採択されました。
 文部科学省が進めるこのプランは,近年,科学技術人材育成の大きな課題として,自らの専門分野の位置づけを社会的活動全体の中で理解し,現実的課題の中から主体的に問題設定を行い,それに取り組む能力のある「高度専門人材」の育成が急務であるとの認識が,大学及び産業界の双方で高まっていることを受け,今年度から実施しているものです。
 今年度は,国公私立合わせて55件の申請があり,このうち20件が採択されました。 東北地域では、本学の提案を含め、2件が採択されています。
 山形大学では,今回採択されたこれらの取組を通じ,産業界のニーズを踏まえた人材育成に力を入れていきます。

 理工学研究科(工学系)
  取組名称:産学連携による研究開発人材育成プログラム
  プロジェクトの概要:
    地域で活躍する高い技術力を持つものづくり企業群にとって、製品提案型企業への変貌が
   生き残りのための重要な命題になっています。このような課題に対応し、地域企業・学生・教
   員が現場における技術的・組織的課題に連携して取り組む長期インターンシップを実施し、自
   らが課題を発見・解決出来る研究開発中核人材の育成を行うとともに、学部教育から一貫し
   た早期・長期の連携教育を実現し人材の地域定着率の向上を目指します。



戻る