「手取り足取り教えます −インターネットのイロハ−」
山形大学公開講座(工学部)を開催


   工学部では、9月3日(土)・10日(土)の二日間にわたって、工学部内の学術情報基盤センター米沢分室を会場に、公開講座を開催しました。
 本公開講座は、工学部情報科学科が,「手取り足取り教えます。−インターネットのイロハ−」をテーマとして主催し、一般市民の方49名が参加しました。現在,最も実生活にあっているテーマということで,募集定員を大幅に上回る状況となりました。
 公開講座では,講師である先生方のほかに担当学科の大学院生等にも補助いただき,文字どおり,手取り足取りで実施できたことにより,参加者には大変好評でした。また,最後の講義では,山形大学工学部を一般市民の方に,身近に感じていただきたいということから,普段は立ち入ることのできない学術情報基盤センター米沢分室の情報関連機器の見学会も実施いたしました。さらに,当日,受講者からの強い希望で講義時間を延長して「何でも相談会」を実施し,自宅のパソコンの設定から,パソコンの専門的な操作方法まで,日頃,相談できずに悩んでいたことについて,講師の先生方が個別にわかりやすく対応し,受講者からはこのように個別に教えてもらえる講座は初めてで,受講して本当に良かったといううれしいお言葉もいただきました。最後に,講義終了後には,受講者全員に修了証書が手渡されました。
 手取り足取り個別対応  修了証書授与式
         
情報機器の見学会

戻る