理学部で高大連携会議を開催


 去る9月27日(火)午後に、山形大学理学部先端科学実験棟大講義室に於いて、第3回山形大学と高等学校の数学教員による研究交流会(高大連携会議)が、「微分積分学」のテーマのもとに行われました。「お互いの数学教育に実質的に意味のある会にしよう」との熱意で運営されていて、高校側と数理科学科にそれぞれ事務局を置き、毎年協議して開催されています。この研究交流会については、毎回、報告書が作成されています。高校数学部会も山形大学数理科学科も、この会を継続的なものとし、数学教育改善のために発展させていきたいとしています。
 詳しくは、数理科学科ホームページhttp://ksmath.kj.yamagata-u.ac.jp/%7Em-one/high.htmlをご覧ください。

   
微分積分についての討論風景 基調講演の発表風景
微分積分教育についての討論風景

戻る