農学部にて教育研究評議会を開催


 11月9日(水)に農学部(鶴岡市若葉町)にて教育研究評議会を開催しました。事務局のある山形市から農学部までは100キロメートルの距離があります。このため、遠隔地にあるキャンパスを訪問し理解を深めようと実施しているものです。
 当日は、会議に先立ち農学部附属農場を訪問しました。附属農場の活動状況を萱場農場長から説明を受けるとともに、秋の味覚であるリンゴを試食しました。生産米の自主販売で高い評価を受けた附属農場、更なる活動が期待されます。
 会議では、「大学コンソーシアムやまがたによる単位互換に関する包括協定」をはじめとする事項が審議されました。
 
農学部会議室にて 新しいジュースとジャム
農学部インフォメーションコーナー

 
トップページへ
過去のニュースへ