山形大学OBセミナーを開催


 
 2月4日(土)、山形大学東京サテライトにて「山形大学OBセミナー」と題して東京近郊の山形大学卒業生を対象としたセミナーを開催しました。各学部同窓会の枠を超えて行われる東京で初めての行事になります。
 セミナーでは、まず、山本陽史 明海大学教授(元山形大学教育学部助教授)を講師に迎え、「藤沢周平の山形」と題して講演を行いました。講演会では、山形大学を卒業し地元で教師になるも、病気を機に東京で新聞記者として生活を始める藤沢の人生が小説の主人公と類似している点や藤沢周平と司馬遼太郎との相違などが解説されました。
 講演会終了後は、交流会を行い、参加した卒業生らは東京近郊で暮らす仲間たちとの再会や新たな交流に沸き、今後もこのような会が行われることを望む声が多数聞かれました。交流会では各同窓会の代表者等からのサポーターメッセージもあり、卒業生と山形大学の今後のより一層の発展を願いながら盛会のうちに閉会となりました。

 
講演を聞く卒業生 山本明海大学教授による講演
地域教育文化学部同窓会東京支部長
大沼弘道氏による乾杯の挨拶
山形大学2回生で東京ふすま会の皆さん

 
トップページへ
過去のニュースへ