YU大学10回連続セミナー 「 科学技術政策と国立大学 」


 
 YU大学10回連続セミナーの第3回目が3月6日に開催されました。
 今回は、東北大学名誉教授でもある総合科学技術会議議員の阿部博之氏を迎えて「科学技術政策と国立大学」と題して講演がありました。
 阿部氏は、主要国における政府負担研究開発費の対GDP比の状況説明から始まり、科学技術関係予算と第3期科学基本計画の基本姿勢に関して話されました。また、明治維新から今日までの教育歴史背景と今日の大学をめぐる諸課題について持論を展開されました。そして、大学が地域の活性化に重要な立場にあること、大学に優れた研究教育環境(雰囲気)をつくり人材の育成と確保を図ることが重要と説かれました。
 受講者からは、科学技術政策のこれまでの取組と国立大学の置かれてきた立場がよく理解できたとの声が多くありました。また、基礎研究への支援など課題もみえたセミナーとの感想もありました。

 
講師の阿部博之氏 熱心に聴き入る参加者

 
トップページへ
過去のニュースへ