附属中学校改修工事の安全祈願祭を開催


 4月12日(水)、山形大学附属中学校にて、校舎改修工事に向けて安全祈願祭を開催しました。附属中学校が昭和43年に現校舎を完成させてから初めてとなる大規模なものです。今回の改修工事は9月29日を完成予定日としています。
 祭事の後は、仙道学長からあいさつがありました。その中で、学長は改修を祝うとともに、「新校舎で世界に羽ばたく若人たおちがどんどん生まれることを心から祈ります」と述べました。
 その後、施行担当業者の代表者から、工事が夏休みを挟み生徒が学習をしている傍らで行われることから、安全には万全を期して施行したいとあいさつがありました。

仙道学長からのあいさつ

 
トップページへ
過去のニュースへ