「学生中心の大学づくり」 YU大学経営10回連続セミナー第4回を開催


 4月17日(月)午後3時から「学生中心の大学づくりーエンロールメント・マネージメントー」と題して、4回目となるセミナーを開催しました。講師には、アメリカの100を超える大学を直接訪れて調査を行うなど日米の大学経営に詳しい桜美林大学大学院 船戸高樹教授をお迎えしました。
 船戸教授は、これから学生の確保が重要、学生が大学に入りやすい仕組みをつくることを説かれました。そして独創力と勇気ある実践行動をマネージャーに求められました。
 これまでどちらかといえば大学中心主義が強かった大学。これからは学生集団を顧客と位置づける学生中心主義へと転換することを求められたセミナーでした。山形大学も学生の課外活動を活発化し、同時に学生の力によって山形大学を元気にする「元気プロジェクト」の募集を行っております。今回のセミナーを機会にさらに学生との連携を強めていくことが期待されます。
 
インパクトのある講演をする船戸教授 熱心に聴き入る教職員

 
トップページへ
過去のニュースへ