山形大学が天童桜まつりに参加


 4月22日、23日の2日間にわたり、本学は天童市舞鶴山山頂で開催中の桜まつりに参加しました。今回の参加は山形大学活性化プロジェクト(中堅職員研修)から生まれた企画で、地域との連携をより密なものにすることを目的としています。
 22日は山形大学インフォメーションコーナーを開設し、地域の方に大学をよりよく知って頂こうと様々な情報を提供しました。また、工学部の技術を活かした米粉のカップケーキミックスの試食販売も行い、大盛況となりました。
 23日には、理学部の栗山助教授による子供向け実験教室を行い、子供たちに自分だけのオリジナルクレヨンづくりを体験してもらいました。子供たちは楽しそうに思い思いの色のクレヨンを作り、実験教室はすべてのイベントが終了するまで続くという好評ぶりでした。
 また、この日は本学の留学生7名がメインイベントの人間将棋に参加し、勇壮な衣装に身を包みました。訪れた観光客も留学生の参加した人間将棋に大いに喜んでいる様子でした。

<人間将棋に参加した留学生からの感想>

・ はじめてサムライの衣装を着て,興奮しました。天気が良くて少し暑かったので,終わった時には,ほっとしました。みなさん優しく,見に来てる人が楽しそうなのが伝わってきました。
アイリーン・エルマー・アバヤ (フィリピン・男性)

・ 日本での良い思い出になりました。いろいろな人と交流ができて,うれしかったです。衣装もきれいで楽しかったです。
オウ・クン (中国・女性)

・ これまで出たことがなかったので,一日中,とても楽しかったです。キング(王将)になって,気分は最高でした。
ゾマホン・ジャン・エード・カブール・ソルレーレ(ペナン共和国・男性)

   
カップケーキが大盛況(22日) 子供たちに大人気のクレヨンづくり(23日)
武者姿の留学生(23日) 留学生が参加した人間将棋(23日)

 
トップページへ
過去のニュースへ