講演会「宇宙の灯台」を開催(理学部)



 「宇宙の灯台」とよばれ、光を放ちながら高速回転する天体「パルサー」の謎に迫る講演会が、20日、山形市の遊学館で開かれ、およそ130名の方々が訪れました。
 この講演会はNPO法人「小さな天文学者の会」と山形大学理学部の主催するもので、理学部の柴田晋平教授が講師を務めました。また、アシスタントとしてNHKアナウンサーの早坂由美子さんをお迎えし、笑いを交えながらの息のあったコンビで、実験をしたり、研究についての紹介をしました。訪れた受講者からは、「わかりやすかった。」「楽しかった。また来たい。」などの声が聞かれました。


講演中実験を交えて説明する柴田教授 130名あまりが訪れた会場

 
トップページへ
過去のニュースへ