「第3回山形大学生命・環境科学交流セミナー」を開催


 6月5日(月)に,「第3回山形大学生命・環境科学交流セミナー」を開催しました。このセミナーは,山形大学の理学部,医学部,工学部,農学部が相互の交流を図り,4学部の研究活動がさらに活発になるように開催するもの。今回は,理学部を会場として開催されました。
 まず,東北大学多元物質科学研究所教授の清水 透さんが「環境科学と生命科学の接点,ヘム蛋白質の研究から」と題して基調講演。その後,各学部の先生から,「生命と環境科学」に関する学術講演がありました。

 学術講演の詳細は,次のとおりでした。

   ◎農学部生物生産学科   鈴木 洋 先生
     「人の心は花や木で癒し得るか?」
   ◎理学部物質生命化学科  日野 修次 先生          
     「水圏生態系の微生物群衆の動態と物質循環に関する研究
           −−自然は何を我々に教えてくれるのか?」
   ◎医学部神経機能再生学講座  小久保 安昭 先生
     「神経幹細胞研究の最前線」
   ◎工学部機械システム工学科  瀧浦 晃基 先生         
     「目に見えない光の観測,その医療機器開発への応用」


活発に行われた質疑 4学部からそれぞれ学術講演がなされた

 
トップページへ
過去のニュースへ