文部科学省の平成18年度「現代的教育ニーズ取組 支援プログラム」に山形大学の取組が2件採択



 文部科学省「現代的教育ニーズ取組選定委員会」において,「地域活性化への貢献(広域型)」及び「実践的総合キャリア教育の推進」のテーマに山形大学が申請していた下記2件の取組が,平成18年度の支援事業として採択されました。
 「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」は,社会的要請の強い政策課題(テーマ)に対応した取組の中から,特に優れた教育プロジェクトを選定し,財政支援を行うことにより,これからの時代を担う優れた人材の養成を推進しようとするもので,国・公・私立の大学・短大等から565件の申請が出されていました。
 審査の結果,565件のうち112件の採択が決定されましたが,このうち,「地域活性化への貢献(広域型)」については94件,「実践的総合キャリア教育の推進」については176件の申請があり,面接審査を含む厳正な審査を経て,昨日の選定委員会で,それぞれ20件及び33件の採択が決定されたものです。
 本学のこうした取組が認められたことは,教育重視及び地域貢献を重要な目標の一つに掲げる本学にとりまして大きな活力につながるものと期待しているところであり,これを基盤として更なる飛躍につなげたいと考えているところです。



1.テーマ −地域活性化への貢献(広域型)−
  取組名 「エリアキャンパス未来遺産創造プロジェクト」
(概 要)
  山形大学では,最上広域圏全体をキャンパスに見立てて教育・研究・地域貢献を展開する新構想「エリアキャンパスもがみ」を平成16年度に発足させ,地域の教育資源を活用した新たな教育活動を開始しました。本取組は,これを基盤とし,「自然と人間の共生」をキーワードに,大学と広域圏双方の人材育成と活性化を図るものです。

    エリアキャンパスもがみのホームページ
    

2.テーマ −実践的総合キャリア教育の推進−
  取組名 「体験と実習を礎とする職業観形成法の確立」
(概 要)
  この取組は,“社会で輝くエンジニアの育成”を目指して,職業観の形成に向けた総合的キャリア形成プログラムを構築し,実施するものです。
  職業観の形成には,「自分・自己の理解」,「働くことの意味の理解」,「職業・仕事の理解」が必要との認識に立ち,これらを促進するのが狙いです。

    工学部キャリアサービスセンターのホームページ


 
トップページへ
過去のニュースへ