山形銀行と工学部が産学連携協定を締結


 9月6日、山形銀行と本学工学部との業務連携を行うための協定を締結しました。
 本学工学部が金融機関との連携協定を結ぶのは今回4度目になります。今回の協定の主な特徴は、人材育成面に重点を置いていることです。この協定を機に、山形大学工学部は地域の発展・活性化に貢献することを目指します。協定の主な内容は以下のとおりです。
(1)山大工学部で実施する人材育成プログラムにおける相互協力や、長期インターンシップ受入企業の斡旋・仲介
(2)山大工学部に在籍する学生の実習や就業に関する支援
(3)山形大学大学院理工学研究科が開講する食品MOT講座に関する運営
(4)奨学金制度等を活用した学生の地元への就職率向上策等の検討
(5)山大工学部が有する研究成果(シーズ)の情報提供と、山形銀行による山形企業経営研究会を中心とした地場企業の研究開発需要(ニーズ)の調査
(6)(5)に掲げるシーズとニーズの斡旋・仲介
(7)山形銀行が事務局を務める農業よろず相談所に関する技術分野の連携
(8)山形銀行が運営するやまぎんコミュニティープラザの利用
(9)各種セミナー・講演会等の開催
(10)校舎・研究棟および学生寮建設におけるPFI事業の情報交換

山形銀行 長谷川吉茂 頭取(右)
山形大学 小山清人 工学部長(左)

協定書へ署名する両者

 
トップページへ
過去のニュースへ