『週刊東洋経済』「日本の大学トップ100」で、山形大学が24位にランクイン


 10月14日発行の週刊東洋経済特大号に掲載された「本当に強い大学2006−日本の大学トップ100−」によると、山形大学は全国の国立・私立大学の中で24位(国立大学では14位)と発表されました。
 また、「卒業生が稼ぐのは、この大学!」は16位、「理系ベスト100」は45位、「附属病院の収益力が高い大学」は2位、「「寄附金を増やした大学」は19位、「余裕資金の運用率が高い大学」は2位といずれも上位にランクされました。
 同紙によると、このランキングは、大学の底力を測る、「財務力」、「研究教育力」、「就職力」の3本柱で算出した、正に大学の実力を客観的に評価した、真の大学の実力を示すランキングとのことです。3項目11指標ごとに各校データのバラツキを偏差値で換算し、各校ごとにその平均値を算出した上で、ポイント化したもので、国立・私立の枠を取り払ったランキングの公開は初めてとのことです。
 上位校は次のとおりで、詳細は「週刊東洋経済」(10月14日発行、特大号第4046号)をご覧ください。
順 位大 学 名得 点
東京大学 68.2
大阪大学 61.9
慶應義塾大学 61.7
豊田工業大学 61.2
創価大学 59.4
北海道大学 58.8
京都大学 58.7
東北大学 58.5
早稲田大学 58.1
10 北里大学 57.2


23 近畿大学 53.2
24山形大学53.1
25横浜国立大学53.0

参考:3項目11指標
【財務力】
 ●志願者数増減率 ●経営利益率 ●自己努力収入比率 ●自己資本比率
【教育力】
 ●教育研究充実度 ●GP等採択件数 ●科学研究補助金 ●教員1人当たりの学生数
【就職力】
 ●就職率 ●上場企業役員数 ●就職上位層の30歳年収 

 
トップページへ
過去のニュースへ