大学機関別認証評価の訪問調査が実施されました


 本学は、本年度実施する独立行政法人大学評価・学位授与機構の大学機関別認証評価に申請し、去る11月20日から11月22日の3日間にわたり訪問調査を受審しました。
 大学機関別認証評価は、7年以内の期間ごとに認証評価を受審することが義務付けられており、本学は今年度受審することとしたものです。
 本学は山形市、米沢市、鶴岡市にまたがる分散キャンパスであることから訪問調査の第1日目は、米沢キャンパスの視察に始まり、午後から、学長、理事(副学長)、各学部長、事務局等大学責任者との面談で「訪問調査時の確認事項」の質疑応答及び一般教職員、卒業・修了生との面談が行われました。第2日目は、教育指導及び学習の視察・学習環境の状況調査(山形地区の小白川・飯田キャンパス)、現役学生との面談並びに根拠となる資料・データ等の確認、第3日目は、大学責任者への訪問調査結果の説明及び意見聴取が行われた。午後に、数名の評価委員が鶴岡キャンパスに赴き、同キャンパスの視察が行われました。
 本学は、山形市から50キロ・100キロと離れた分散キャンパスであるにもかかわらず、評価委員には全てのキャンパスを視察していただきました。
 これら訪問調査の結果は、6月末に本学が提出した自己評価書による書面調査結果と併せて総合評価が行われ、最終的な評価結果は、来年3月に確定し公表される予定となっています。


訪問調査結果の説明を受ける本学責任者

 
トップページへ
過去のニュースへ