講演会「魅力ある大学院教育の構築に向けて」を開催


 1月30日(火)に山形大学理学部会議室において、文部科学省高等教育局大学振興課三浦和幸課長補佐を講師として迎え、「魅力ある大学院教育の構築に向けて」と題した講演会を開催しました。
 三浦課長補佐は、大学院の量的拡大・院生の質的多様化と大学院に対するニーズの多様化・高度化についてデータに基づく説明を行った後、中央教育審議会答申を踏まえて策定された大学院教育振興施策要綱について具体的方策を示しながら解説を行いました。
 その中で、国際的に魅力ある大学院を構築するためには、大学院教育の実質化と国際的な通用性と信頼性の向上を図ることが重要であり、国と大学が共通理解を持って実行していくことが重要であることを強調しました。
 また、平成19年4月の大学院設置基準の改正に合わせて行った各大学院における準備状況の調査結果、大学院教育改革の支援の充実などについて詳細な説明がありました。
 講演終了後、大学院教育の取組に関する諸課題などについて活発な質疑応答がなされ、山形大学の将来構想を検討するための有意義な情報を得る機会となりました。
 会場には、学長をはじめとする多数の教職員が詰めかけて、熱心に三浦課長補佐の説明に耳を傾けていました。

文部科学省高等教育局大学振興課
三浦和幸課長補佐

 
トップページへ
過去のニュースへ