タリン大学長による特別講演会を開催


 平成19年2月8日(木)に,教養教育1号館127番教室において,タリン大学のレイン ラウド学長による特別講演会が開催されました。
 エストニア共和国のタリン大学と本学は,平成18年12月16日に大学間学術交流協定を締結しました。この協定に基づき,来年度には,本学の学生が短期留学をする予定になっています。講演会の前には,タリン大学副学長と同行したお嬢さんたちと共に,仙道学長を表敬訪問し,今後の交流等について話し合われました。
 ラウド学長は,30カ国以上の言語を話し,今回の講演は,全て日本語で行われました。講演会に先立ち,タリン大学の紹介をしていただき,その後,「近代化の比較−日本・東アジア・ロシア・トルコ−」という題目で,約1時間半講演していただきました。講演会には,学外からの参加者,22名の学生を含む,計55名の参加があり,講演終了後には,多くの質問がだされ,講演内容への関心の高さが感じられました。

講演するレイン・ラウド学長
活発な質疑応答がなされた
記念撮影
エストニア共和国

トップページへ
過去のニュースへ