「新教育システム開発プログラム」に
地域教育文化学部から2件が初採択
−附属中学校における少人数学級に関する研究も採択−


 文部科学省が募集した平成19年度「新教育システム開発プログラム」に地域教育文化学部から提出した2件の事業計画が初めて採択されました。採択されたのは、三浦光哉教授が中心となって行う「『特別支援教育コーディネーター』の質保証と新支援システムの構築」と江間史明教授が中心となって行う「『地域共育創造委員会』による地域の教育力再生」の2件。
 三浦教授らの調査研究では、「特別支援教育コーディネーター」の質を保証するため、「特別支援教育コーディネーター養成プログラム」を用いた研修を実施します。加えて、専門家チームを組織し、各学校を巡回指導する新支援システムを構築することによって、コーディネーターとの有機的な連携を図り、子どもの発達障害の諸課題を解決し、不登校・いじめ等についても解消へつながることを検証していきます。
 江間教授らの調査研究では、既に山形県戸沢村で実施してきた教育実践の成果を踏まえ、学校と地域の新たな連携システム(「地域共育創造委員会」)を構築します。「地域共育創造委員会」の導入によって、地域住民や保護者の学校教育への「参画意識」の高まりや、子どもの「社会力」の向上について検証していきます。
 両研究は共に山形県内を中心に行われます。新たな研究が地域の方々からの協力を得て始まることになります。

 また、本プログラムには、附属中学校が福岡教育大学並びに香川大学との共同研究により行う「附属学校における少人数学級に関する調査研究〜学級規模と教育的効果の相関に関する研究〜」も採択されております

※「新教育システム開発プログラム」は、新しい教育システムの導入へ向け調査研究を行う文部科学省の事業です。詳しくはこちらのHPをご覧下さい。


トップページへ
過去のニュースへ