ごあいさつ

> ごあいさつ

学長あいさつ

山形大学 学長
小山清人

 山形大学は、長年にわたって南米に位置する各国と研究・教育実績を積み重ねてきました。ペルー共和国ではナスカの地上絵研究、ボリビア多民族国で は技術教育活動に加えてリチウム資源開発のためのマネジメント人材育成、チリ共和国ではチリ原産のイチゴの栽培に関する共同研究を実施してきました。これ ら3カ国に対しては、山形大学の日本人学生を派遣し、また留学生を受け入れてきた経緯があります。

 山形大学は、これらの実績を基礎として、平成27年度に文部科学省の実施する「大学の世界展開力強化事業-中南米等との大学間交流形成支援」『山形・アンデス諸国ダブル・トライアングル・プログラム』に採択されました。これまでの山形大学の培ってきた経験・実績と各国との信頼関係を最大限に活かし、山形大学を含めた山形県内教育機関の国際化を推進します。引き続き、関係する皆様のご支援とご協力を、宜しくお願いいたします。

事業責任者あいさつ

山形大学 理事・副学長
安田弘法

 本プログラムは、山形大学が長年にわたって、教育・研究活動を行ってきた南米のペルー共和国、ボリビア多民族国、チリ共和国の6大学、ならびに山形県内の3つの教育機関(山形大学、米沢栄養大学、鶴岡高等専門学校)との間で人材交流と実践型の教育を実施することで、資源開発や国際プロジェクトの推進に貢献できる人材を育成するものです。

 南米3カ国の多様性、特に経済開発、福祉開発、環境保全のバランスをしっかりと理解し、多様性に配慮しながら、天然資源等の開発や国際協力などの局面で活躍ができる有能なグローバル人材を育成します。南米から受け入れる留学生には、山形大学3学部(人文学部、工学部、農学部)の得意とする学問領域を駆使して、環境保全に留意しながら資源・福祉・経済開発に貢献できる人材を育成します。

 世界はグローバル化が年々、進展しており、国境を越えた有能かつ人間性に富んだ人材が求められています。山形大学では、これらの社会的要請に応えるために、培ってきた実績と経験を基礎としてグローバルな人材を育成していきます。皆様方のご支援ならびご協力をお願いいたします。