合格者の声
山形大学合格者の声/A.Sさん
趣味・特技:刺繍
マイブーム:昔読んでいた本を読み返す。
座右の銘:臥薪嘗胆
その理由:高校時代の恩師が教えてくれた言葉で、努力や苦労の大切さを思い出させてくれるから。

-高校時代はどんな生徒でしたか?

真面目だったと思います。何事も真摯に取り組もうとしていました。 頑張りすぎて気疲れしてしまうこともありましたが、その度友人達に励まされ助けられていました。

-高校時代に打ち込んだことは何ですか?

部活と生徒会活動です。卓球部に所属していて、部長を務めた時期もありました。 決してプレイヤーとしては上手くありませんでしたが、自分なりに頑張っていたと思います。生徒会では、勧誘活動などをメインに動いていました。

-山形大学理学部を志望した理由やきっかけを教えてください。

理学部を志望したのは、興味のある分野の研究室があったからです。 その研究室で学びたいと思い、決意しました。

-総合型選抜・学校推薦型選抜(旧AO入試、推薦入試)での受験を決めた時期と理由を教えてください。

決断したのは高校3年生の6月頃だと思います。 自分の夢や希望を深く考えていた時期で、決意を確認するためにも、1度AO入試を受けてみようと思いました。

-受験の時に取り組んだ対策を具体的に教えてください。

教科書を使った勉強も勿論していましたが、 私の場合は学びたい学問が比較的細かく決まっていたので、それについて調べていました。 高校の先生からブルーバックスシリーズ(自然科学などを広く扱う図書シリーズ)をオススメされたので、 それらから興味のあるものを数冊読んでいました。

-受験に向けた準備期間や受験当日の思い出を教えてください。

準備期間は問題演習をしていました。 また、自分の夢や意見を自信を持って話せるように、色々な方と話す機会を作りました。 当時の校長先生が、私の志望分野と専門が近く、幸運にも相談に乗って頂けたこともありました。 受験当日は緊張していて記憶が曖昧になっていますが、 ノックする前に担当の方にドアを開けられて拍子抜けしてしまったことは覚えています。

-受験時に先生や親から言われてうれしかったこと、支えになったサポート等があれば教えてください。

進路担当の先生が模擬面接をして下さったのが、自分の中では大きかったです。 分野を問わず、自分の意見や他者の意見、多角的に物事を判断して発言する、ということを教わりました。 おかげで苦しい現状だけに縛られず、先の希望に向かって努力するように発想を切り替えられるようになりました。 この思考は今でも役立っていて、とても有難い経験だったと感じています。

-入学してからどんなことを学んでいますか?

理学部では、文字通り理学全般を学んでいます。 高校では学べなかった、地学やデータサイエンスなど様々な分野に触れてきました。 高校までは独立した科目として学習してきましたが、大学では専門的になる程、他の学問との関連性が見えてきて非常に興味深いと思いながら励んでいます。

-これからどんなことを勉強していきたいですか?

数学分野の幾何学について関心があるので、その方面を学びたいと思っています。 幾何学に限らず、数学についてもう少し集中的に考えたいというのが現在の希望です。

-勉強以外に力を入れている活動や大学に入ってからどんな活動をしているか教えてください。

アルバイトはやり甲斐を持って取り組んでいます。 塾講師として小中高生に指導しており、理解してもらうことの難しさを日々痛感しています。 大変ながらも私自身気付かされることも多く、良い経験になっていると思います。

-将来の夢又はこれからの目標を教えてください。

夢は高校時代から変わらず、目的の研究室に入り、学ぶことです。 そこに到達した時、力不足とならないよう今学んでいる基礎をしっかり固めていきたいです。

-最後に高校生へアドバイスやメッセージをお願いします。

今一度「勉強の目的」を考えてみてください。 就きたい職業や学びたいことに限らず、「楽しいから」という理由でもいいと思います。私自身、高校2年生まではそうでした。 大学生は自由。自由とは目的があれば肯定的に聞こえますが、目的を見失うとジャングルで迷子になったも同然です。帰ることすらできません。 他者の意見に流され続けることは、舵を捨てて漂流している船と一緒です。ある意味つまらなく、非常に不安定です。 これらを避けるためには、「自力で答えを出す」ことが大事だと思います。 正解を出すのでは無く、自分を出してください。正解は時代によって更新されるあって無いようなものです。 長く話しましたが、どんな選択をしても後悔は付きものです。参考程度に頭の片隅に留めてくれたら幸いです。 皆さんの前途を応援しています。

(2020年7月インタビュー実施)