合格者の声
山形大学合格者の声/K.Sさん
趣味・特技:ゲーム
マイブーム:自分にとっての最高の睡眠を模索すること
座右の銘:百錬成鋼
その理由:「心と体を何度も鍛えることで立派な人物になる」という意味で、高校時代に先生からいただき、自分にとって特別な言葉です。

-高校時代はどんな生徒でしたか?

部活に支障が出ないように文武両道を目指していました。

-高校時代に打ち込んだことは何ですか?

部活動です。

-山形大学農学部を志望した理由やきっかけを教えてください。

漫画「銀の匙」を読み、興味をもちました。

-総合型選抜・学校推薦型選抜(旧AO入試、推薦入試)での受験を決めた時期と理由を教えてください。

7月の下旬ごろに進路指導を受け、対策を始めました。

-受験の時に取り組んだ対策を具体的に教えてください。

毎日、農学に関する記事をスクラップし、それをテーマとした小論文を書いていました。

-受験に向けた準備期間や受験当日の思い出を教えてください。

試験会場で親同伴の受験生が多くて孤独感にさいなまれていました。

-受験時に先生や親から言われてうれしかったこと、支えになったサポート等があれば教えてください。

「見栄を張ろうとするから緊張する。」というアドバイスをもらっていたので緊張することなく、入試もスムーズにできたので非常に支えになりました。

-入学してからどんなことを学んでいますか?

作物の生育に関連したことが多く、内容は高校生物と重なっていることもあるので今までの勉強が役に立つことが多いです。

-これからどんなことを勉強していきたいですか?

これまで座学で学んできたことを意識しながら実際に作物栽培を体験することで、より実践的な知識を得たいです。

-勉強以外に力を入れている活動や大学に入ってからどんな活動をしているか教えてください。

フィールドワークが活発な研究室に所属しており、果樹を中心に複数の園芸作物の栽培を行っています。

-将来の夢又はこれからの目標を教えてください。

就職関係よりもまずはしっかりと卒業できるように卒論を頑張りたいと思います。

-最後に高校生へアドバイスやメッセージをお願いします。

あくまで個人の意見ですが、一般入試の勉強がおろそかになるのは本末転倒なので、推薦入試はおまけ程度に考えていたほうがいいかと思います。推薦の対策と勉強の両立はとても大変ですが、時に自分にご褒美を設けるなどして、モチベーションを下げずに頑張ってください。

(2020年7月インタビュー実施)