ホーム > 受験生の方 > 受験生へのメッセージ > 農学部

農学部への受験を希望する皆さんへ

※先輩の学年は「各入試分」とも入試年度当時のものです。

2016年度入試分

佐々木 祐太(食料生命環境学科 安全農産物生産学コース 3年)

受験生のみなさんこんにちは。
私の大学生活は勉強と部活でとても充実しています。勉強では作物学研究室に所属し、水稲を主とした作物生産という視点から日本の農業、食料生産について研究しています。また、部活ではソフトテニス部に所属し、東北地区の大学1部リーグ優勝を目指し練習をしています。勉強でも部活でも、たくさんの仲間と共に大学生活をおくっています。
受験勉強も仲間と助け合うことはとても大事です。切磋琢磨して互いに成長できるし、何より仲間がいると励みになります。そしてそんな仲間たちと過ごす残り少ない高校生活も楽しんでください。みなさんに最高の春が来ることを願っています。

加納 寛子(食料生命環境学科 食農環境マネジメント学コース 3年)

受験生の皆さん、こんにちは。
私たちのコースでは、実際に農家さんとお話する機会が多くあり、また、年1回明治大学と弘前大学と合同で農家調査を行っています。庄内での研究生活では必須です。
大学に入ると様々な出会いや経験ができます。私は海外に行く機会があり日本では体験できないことを経験することができました。楽しいことが待っていると思えば、今の勉強もきっと辛くないはずです。今は不安をとても感じているかもしれませんが、悔いが残らないように受験の当日まで頑張ってください。応援しています。

長谷川 涼亮(食料生命環境学科 食品・応用生命科学コース 4年)

 受験生のみなさんへ
日々の受験勉強は大変で、焦りや不安で精神的にも非常につらい時期かと思います。しかし、合格すれば今の苦労が報われるような素敵な大学生活が待っています。めげずに前向きに頑張ってください。
大学生活では、高校までよりも自由に使える時間が増えます。そのため、得られる経験というのは人それぞれです。大学には、様々な人や価値観、機会があふれています。色々な人と交流し、多くのことに挑戦することで、大きく成長できるチャンスです。
今は精一杯頑張って、ぜひ楽しい大学生活を送ってください。

石栗 詩歩(食料生命環境学科 植物機能開発学コース 3年)

 山形大学農学部では農業に関わる分野を深く学べるのはもちろんのこと、食品や森林、微生物、昆虫など研究されている分野は多岐にわたります。
私は今、イネの環境ストレス耐性やカメムシの臭気成分について研究しています。
私は昆虫が苦手な方なのですが、昆虫の体内で作られる生理活性物質にとても興味を持ちました。イネは外敵からの障害などのストレスを受けた際にジャスモン酸を合成し外敵に抵抗する遺伝子を発現します。昆虫も同じように外敵からの攻撃や毒性のある植物を摂取した際に、それに抵抗しようと様々な物質を体内で合成し、ストレスから逃れようとするのです。
私達の周りになんとなくあるように思えるイネや昆虫が実は自分の命を守るために体内で様々な物質を作り出しながら生きています。驚きですよね。
受験生の皆さん、今はとても大変な時期だとは思いますが、研究も大学生生活も楽しいので頑張ってください!

田中 元久(食料生命環境学科 森林科学コース 3年)

受験生のみなさんこんにちは。
このメッセージを書きながら受験生の時を思い出しています。あと少し、もう少しの辛抱だから、もうちょっとだけ頑張ろう。
森林科学コースではいろんなことが学べます。森林のことはもちろん、森林の中にいる動物や林業、それからキノコ…etc、とにかく幅広く学びます。山での実習もあります。自然が好きな人もそうでない人もできることはたくさんあるので興味をもってくれたらなと思います。
山登りやスキー、釣りに山菜採り、たくさんの温泉、日本海の夕日そして満点の星空。庄内には都会にはない最高の遊び場と最高の景色があります。大学の友人、先輩、後輩とだけでなく、職員の人や先生、そして庄内の子供や大人の人たちとの交流を通じて新しい発見や出会いがこの土地、この大学にあります。
ぜひ山形大学へ、ぜひ庄内に来てくれのう。こたつに入りながらあなたを待ってます。

薮田 澪生(食料生命環境学科 水土環境科学コース 4年)

農学部ではいくつかのコースがあります。私が所属している水土環境科学コースでは水と土を対象に研究を行っています。農業土木・環境工学や水質環境科学などを学べます。農学部と言われて頭に浮かぶ作物や畜産などとは違いますが農学の幅広さや面白さを実感することができます。
大学生活では高校までの生活より多くのものに触れることができます。自由な時間も増え、出会う人も多くなるのでたくさんのことを学ぶ機会があります。社会人になる前の自由な時間が多いうちにいろんな経験をすることは無駄にはなりません。受験勉強は大変だと思いますがその努力に見合う4年間が待っています。受験生の皆さんが山形大学に入学し、充実した学生生活を送ることを願っています。