ホーム > 学生生活 > 学費・授業料免除・奨学金 > 授業料免除,入学料免除及び入学料徴収猶予について > 授業料免除R2特例

【大学院生・私費留学生】令和2年前期 授業料免除について

外国人留学生以外の学部学生については、「日本学生支援機構 給付奨学金(家計急変)」を申請してください。
申請の詳細は所属キャンパス窓口の連絡先にお問い合わせください。

概要

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響による家計急変に対する支援として、授業料免除(令和2年度前期)申請の追加受付を行います。

 

対象

 大学院生、私費留学生等、日本学生支援機構の給付奨学金の申請資格を満たしていない者で、新型コロナウイルス感染症により、授業料の納付が困難であり、学業成績が優秀と認められる者

 学部学生(私費留学生以外)は、「日本学生支援機構給付奨学金(家計急変)」(給付奨学金と授業料減免が受けられる)に申請してください。
 申請要件及び制度の詳細は、以下のリンク先(日本学生支援機構)を参照してください。
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/kakei_kyuhen/coronavirus.html

 

追加申請に必要な条件

 国や地方公共団体が、新型ウイルス感染症の感染拡大による収入減少があった者等を支援対象として実施する公的支援の受給証明書類(別紙参照)を提出できること。
 または、事由発生後の所得が前年度または前々年度の所得と比較し1/2以下となっていて、本学で定める収入基準額以下であること。(山形大学授業料免除選考基準による)
 ※事由発生後の所得:給与明細等を基に算出。(前期分の申請は、直近の1ヶ月分の所得を12倍し、年間の所得とする)
 ※家計以外の基準は、山形大学授業料免除選考基準により判定します。

 

申請書類

[全員提出]

[どちらか提出]

  • 公的支援の受給証明書類
  • 新型コロナウイルス感染症により、家計支持者の収入等が減少したことのわかる書類
    1. 前年分または前々年分の所得証明書
    2. 直近1ヶ月の給与明細等(年間の所得にしたときに、1)の1/2以下になること)
        ※全員提出の書類と同じものなので、1枚提出してください。

家計支持者とは・・・父母両方を指す。一人親の場合は,学生と同一世帯の父母いずれか。父母がいない場合は,父母に代わり学生の家計を支えている者(1名)

「家族」の考え方・・・父母とその子を一つの家族とみなす。ただし,兄弟は就学者,未就学児及び障がい者を家族に含め,18才以上の就学者でない者(独立して別居,同居して就業等)は家族に含めない。祖父母については,同居・別居を問わず含めない。(家計支持者である場合を除く)

 

申請受付期間

 令和2年6月1日(月) ~ 6月15日(月)

 

授業料の徴収猶予について

 判定結果が出るまで,授業料の徴収が猶予され,登録口座からの引き落としが一時的に停止されます。

 

申請方法及び提出先

 申請書類を期日まで配達記録、簡易書留等の追跡可能な方法で、下記の所属キャンパスの担当へ郵送してください。

所属キャンパス連絡先電話番号
小白川キャンパス 小白川キャンパス事務部 学生センター奨学担当
023-628-4138
〒990-8560 山形市小白川町一丁目4-12
飯田キャンパス 医学部学務課学生支援担当
023-628-5176
〒990-9585 山形市飯田西二丁目2-2
米沢キャンパス 学務課学生支援担当
0238-26-3017
〒992-8510 米沢市城南四丁目3-16
鶴岡キャンパス 農学部学務課奨学担当
0235-28-2804
〒997-8555 鶴岡市若葉町1-23