ホーム > 大学紹介 > 学長室だより > 令和4年9月卒業者・修了者向け学長メッセージ

令和4年9月卒業者・修了者向け学長メッセージ

このたび、学位を授与された皆さん、卒業ならびに修了、おめでとうございます。すべての卒業生・修了生の皆さんに、心よりお祝いを申し上げます。

皆さんが今手にしている学位記には、皆さんそれぞれが大学で経験したさまざまな思い出が詰まっていることと思います。単位取得に向けて、一生懸命勉学に励んだこと、思うようなデータが出ず、このまま論文を執筆できるのか不安になったことなど、いろいろ大変だったことも思い出されるでしょう。その中で、本日卒業・修了を迎える皆さんに共通していることが1つあると私は思います。それは、皆さん一人一人が、このコロナ禍を乗り越えて、学位を手にしたということです。感染者が増加するたびに授業、そして仲間や教員と対話することで議論が深まるゼミすらもオンラインになったり、実験・実習も仲間と実施できなかったり、課外活動が制限されたりと、これまでにはなかった大きな壁が皆さんの前に立ちはだかったことと思います。

それでも、皆さんは、その大きな壁を乗り越えるために、果敢に挑戦し、挫けることなく、こうして卒業・修了を迎えられたことは本当に素晴らしいことです。今日、お渡しする学位記は、このような困難な状況にもかかわらず、皆さんがそれぞれの専門分野において一定の知識や能力、研究業績を修められたことを証明するものであります。

皆さんのこれからの人生のなかで、今まで経験したことのないような困難に遭遇し、心が折れそうになることが起こるかもしれません。その時は、ウィズコロナを大学生活の中で経験し、自らの力で乗り越え、学位を取得したということを思い出してみてください。皆さんが大学生活で積み上げてきたものは、大きな困難をも乗り越える力になると私は信じています。

最後に、私から卒業・修了する皆さんへ1つお願いがあります。それは、皆さんの大学生活を支えてくださった皆さまへ感謝の気持ちを持ち続けてほしいということです。皆さんが本日こうして学位を授与できたのは、友人やご家族をはじめ、たくさんの方々の支えがあってのことで、自分の力だけでは決して成し得なかったことと思います。そのような方々へ恩返しする意味でも、感謝の気持ちを持ち続けることは大切なことです。

また、ウィズコロナの中でも皆さんが安心してキャンパスライフを送るために、同窓会や地域の方々からも様々な形でご支援をいただいております。新型コロナウイルス感染症により、我が国の経済が厳しい状況にあるなかでも、多くの皆さまからたくさんのご支援をいただいたことは、いかに学生の皆さんに多くの「期待」が寄せられているかということを、私自身あらためて強く感じました。

この期待に応え、これまでお世話になった方へ恩返しをするためにも、卒業生・修了生の皆さんが、それぞれ、よりよい社会そして自らの夢実現を目指して、社会の様々な場で活躍することを心から願っております。皆さんの人生の新たなステージへの出発を心からお祝い申し上げ、私からのメッセージといたします。本日はおめでとうございます。

令和4年9月22日 山形大学長 玉手英利