ホーム > センター活動 > FD支援部門

センター活動

FD支援部門

FD支援部門では、大学教員の教育能力の向上と授業方法の改善のため、以下の取組を行っております。

1.全学FD

(1)FD合宿セミナー
 本セミナーでは、山形大学をはじめとする全国の大学・短大・高専の教員が、山形大学蔵王山寮に合宿して、「相互研鑽による大学教育の発展をめざして」をテーマにグループワークを行います。実際にシラバス作成の作業をシミュレーションし、よりよい教育のあり方を探ります。日頃は接触のあまりない教員同士が親しく交流し、意見を交換し合う場でもあります。


(2)FDワークショップ
 本ワークショップでは、全国的に活躍されているFDの講師の方をお招きしての講演会、複数のテーマをもとに議論を交わすラウンドテーブルという二部構成によって、教育方法や内容の検討を行います。



2.学生主体型授業開発共有化FDプロジェクト

 本プロジェクトは、汎用性の高い学生主体型授業のモデルを開発し、それを教員が共有し、個々の授業担当者が自身の専門性に合わせて改良することによって質の高い学生主体型授業を設計し実践することを通して、学生の社会人基礎力(積極性、コミュニケーション力、課題発見・解決能力等)を育成することを目的とします。



3.FDネットワーク“つばさ”

 本ネットワークは、加盟する大学・短大・高専におけるFDの立ち上げ・確立・発展を協同で行います。それにより授業改善、カリキュラム・教育制度改革などを実現させ、その成果を共有するとともに、各大学等における特色のある魅力的な教育を開発することを目標とします。