自然、環境、文化、歴史、ひと、五感を研ぎ澄ませて「もがみ」を感じる

ホーム > フィールドワーク 共生の森もがみ > プログラム一覧 > 地域の資源を活かし山屋の魅力を探る

  • エリアキャンパスもがみとは?
    • 設立経緯
    • 取組内容
    • プロモーションビデオ
  • フィールドワーク共生の森もがみ
    • 授業内容
    • プログラム一覧
    • 受講スケジュール
  • 事業カレンダー
    • 事業カレンダー
  • 報告書
    • 研究年報
  • もがみ関連リンク集

新庄市

地域の資源を活かし山屋の魅力を探る

地域の資源を活かし山屋の魅力を探る

目的・概要

山屋地区を舞台として、この時期に旬を迎える筍たけのこを味わう“山屋セミナーハウスまつり”への参加、また、杢蔵山登山やキャンプ場での活動、薬師堂や観音菩薩の歴史遺産の探索など、さまざまな体験を通して当地区のもつ豊かな自然や歴史を学んでもらう。そして、地域住民や子ども達との交流を通して、地域資源を活かした山屋地区の魅力を探ってもらう。

講師 山屋地区有志の会 会長 押切明弘
授業計画 【1回目】
1日目 たけのこまつり準備→地域との交流
2日目たけのこまつり参加→振り返り活動
【2回目】
1日目 キャンプ場での活動→手作り体験→地域との交流
2日目 歴史遺産の視察→まとめ及び提言の発表
訪問日 1回目:6/3・4
2回目:7/1・2
実施担当部署 新庄市教育委員会 社会教育課
コンテンツ:終わり
ページの先頭へ