自然、環境、文化、歴史、ひと、五感を研ぎ澄ませて「もがみ」を感じる

ホーム > フィールドワーク 共生の森もがみ > プログラム一覧 > 【大蔵村】自然・人・もの体験

  • エリアキャンパスもがみとは?
    • 設立経緯
    • 取組内容
    • プロモーションビデオ
  • フィールドワーク共生の森もがみ
    • 授業内容
    • プログラム一覧
    • 受講スケジュール
  • 事業カレンダー
    • 事業カレンダー
  • 報告書
    • 研究年報
  • もがみ関連リンク集

大蔵村

【大蔵村】自然・人・もの体験

【大蔵村】自然・人・もの体験

目的・概要

大蔵村の歴史や文化を、地域の方々との関わりを通して、自然と共存して生きる人々から生活と知恵を学び、村の伝承の踊りである合海田植え踊りについて学び、実際に練習し、披露していただきます。1回目は、肘折温泉で観光に携わっている方から、温泉の歴史や、散策しながら観光について学習をしていただき、肘折温泉の発見の謎が隠されている「地蔵倉」へのミニ登山などを行います。また、山形県史跡名勝地の清水城址、日本棚田百選に認定された「四ヶ村の棚田」などを巡ります。2回目は,「大蔵村自然塾」で地元の子どもと交流しながら森林学習をしたり、400年の伝統を誇る合海田植え踊りに取り組み、地域に根づく伝承・伝統行事を通じて、村の文化に触れる事業を展開します。

講師 大蔵村自然塾 山形大学農学部 野堀 嘉裕
合海田植え踊り保存会 松田 与一
大蔵村観光ガイド 佐藤 則夫
村文化財保護委員長 熊谷勝保
授業計画 【1回目】「肘折温泉街を歩こう」−地蔵倉散策、「村の歴史と文化財を学ぼう」(清水城址、巨木観察、四ヶ村の棚田)、−合海田植え踊りを知る。
【2回目】大蔵村自然塾(森林体験)、合海田植え踊り練習および参加
訪問日 1回目:5/27・28
2回目:6/3・4
実施担当部署 大蔵村教育委員会 生涯学習係長 佐藤美輝
コンテンツ:終わり
ページの先頭へ