自然、環境、文化、歴史、ひと、五感を研ぎ澄ませて「もがみ」を感じる

ホーム > フィールドワーク 共生の森もがみ > プログラム一覧 > 里山体験と鮭川歌舞伎

  • エリアキャンパスもがみとは?
    • 設立経緯
    • 取組内容
    • プロモーションビデオ
  • フィールドワーク共生の森もがみ
    • 授業内容
    • プログラム一覧
    • 受講スケジュール
  • 事業カレンダー
    • 事業カレンダー
  • 報告書
    • 研究年報
  • もがみ関連リンク集

鮭川村

里山体験と鮭川歌舞伎

里山体験と鮭川歌舞伎

目的・概要

里山体験(木の根坂みやまの里)  鮭川村の木の根坂地区で、地域の方との交流や活動に触れ、人口減少が進む中で集落を維持していくためのアイディアや地域の在り方を考えていただきます。
鮭川歌舞伎定期公演  鮭川村の伝統芸能である鮭川歌舞伎。年に一度の定期公演で農村に伝わる地歌舞伎を体感し、地域の文化について知っていただきます。そこから、伝統文化を後世に伝えていくにはどうしたらいいか、これからの地域づくりにどう活かしたらよいかを学んでいきます。

講師 木の根坂みやまの里 井上 クニ子・小嶋 邦彦、木の根坂区長 井上 喜子夫、
鮭川歌舞伎保存会 会長 佐藤 成一、座長 橋眞一氏、庭月観音住職 庭崎 賢恵
授業計画 【1回目】里山体験(木の根坂みやまの里)  ・山菜まつりの手伝い ・そば打ち体験  ・里山体験(散策、山菜採り、山菜料理作り)  ・交流会
【2回目】鮭川歌舞伎定期公演  ・鮭川歌舞伎についての学習 ・定期公演の運営・準備 ・歌舞伎体験(若干名となります)
・鮭川歌舞伎見学(練習・本番)  ・鮭川歌舞伎以外の村文化財についての学習 (月観音、曲川の大杉)
訪問日 1回目:5/27・28
2回目:6/10・11
実施担当部署 鮭川村教育委員会
コンテンツ:終わり
ページの先頭へ