自然、環境、文化、歴史、ひと、五感を研ぎ澄ませて「もがみ」を感じる

ホーム > フィールドワーク 共生の森もがみ > プログラム一覧 > 戸沢村の超元気印!幸齢者集団の生きざまに学ぶ

  • エリアキャンパスもがみとは?
    • 設立経緯
    • 取組内容
    • プロモーションビデオ
  • フィールドワーク共生の森もがみ
    • 授業内容
    • プログラム一覧
    • 受講スケジュール
  • 事業カレンダー
    • 事業カレンダー
  • 報告書
    • 研究年報
  • もがみ関連リンク集

戸沢村

戸沢村の超元気印!幸齢者集団の生きざまに学ぶ

戸沢村の超元気印!幸齢者集団の生きざまに学ぶ

目的・概要

1回目は、幸齢者のみなさんと古代米の田植えやメダカ池の環境整備をし、2回目はほたる祭りと炭焼き等を行います。特にほたる祭りについては、企画運営を担っていただきます。これらのプログラムを通して、学生のみなさんには、コミュニケーション能力や企画力、プレゼン能力、協調性等を育む一助となればと思います。地域においては、この事業を実施する上で、地域のいろんな団体、人の協力や知恵が必要となることから、地域の活性化やコミュニティーの再生が図られると思われます。

講師 北の妙創郷大学学長 菊地 清一
古口自治会会長    寺内 恵一
乙夜塾塾長       門脇 憲一
授業計画 【1回目】・メダカ池整備(木道づくり・池の草取り)
・ほたる祭り企画会議(2回目に学生主催によるほたる祭りを行います。)
【2回目】・ほたる祭り・もらい湯(家庭のお風呂に入らせていただきます)
・炭焼き体験 ・ピザ焼き ・わら細工
訪問日 1回目:5/27・28
2回目:6/24・25
実施担当部署 北の妙創郷大学事務局 佐藤 雄次
コンテンツ:終わり
ページの先頭へ