自然、環境、文化、歴史、ひと、五感を研ぎ澄ませて「もがみ」を感じる

ホーム > フィールドワーク 共生の森もがみ > プログラム一覧 > 伝承野菜栽培と郷土料理

  • エリアキャンパスもがみとは?
    • 設立経緯
    • 取組内容
    • プロモーションビデオ
  • フィールドワーク共生の森もがみ
    • 授業内容
    • プログラム一覧
    • 受講スケジュール
  • 事業カレンダー
    • 事業カレンダー
  • 報告書
    • 研究年報
  • もがみ関連リンク集

戸沢村

伝承野菜栽培と郷土料理

伝承野菜栽培と郷土料理

目的・概要

当地域で栽培されている夏から秋に採れる野菜づくりに挑戦する。定植や種まきの方法、管理の方法を学ぶ。野菜の持つ栄養価・滋養効果や郷土料理に隠れた暮らしの文化を学ぶ。一回目は、午前中そば打ち体験を行いそれを昼食にする。畑つくりや苗の定植を体験する。午後は、戸沢村の特産品「エゴマ」の加工場視察。その後、エゴマの定植を行う。二回目は、野菜の収穫を行い、郷土料理作りを行う。午後は成長した野菜の管理(整枝・誘因・除草など)を行う。秋野菜の定植・播種作業を行う。

講師 田舎体験塾つのかわの里事務局スタッフ及び角川地区の講師
授業計画 【1回目】1日目 そば打ち体験、野菜の畑つくり・苗の定植・種まき
2日目 エゴマ加工場の視察、エゴマ苗の定植作業
【2回目】1日目 野菜の収穫とそれを使った郷土料理つくり ・野菜の管理作業(整枝・誘因・草取りなど)
/ 2日目 ・野菜苗の仮植 ・秋野菜の定植・播種作業
訪問日 1回目:6/10・11
2回目:7/8・9
実施担当部署 田舎体験塾つのかわの里
コンテンツ:終わり
ページの先頭へ