自然、環境、文化、歴史、ひと、五感を研ぎ澄ませて「もがみ」を感じる

ホーム > フィールドワーク 共生の森もがみ > プログラム一覧 > 七所明神伝説と地域活動のあり方を探る

  • エリアキャンパスもがみとは?
    • 設立経緯
    • 取組内容
    • プロモーションビデオ
  • フィールドワーク共生の森もがみ
    • 授業内容
    • プログラム一覧
    • 受講スケジュール
  • 事業カレンダー
    • 事業カレンダー
  • 報告書
    • 研究年報
  • もがみ関連リンク集

新庄市

七所明神伝説と地域活動のあり方を探る

七所明神伝説と地域活動のあり方を探る

目的・概要

七所明神は、十六代天皇の皇子である大山守皇子の体を七つに斬り、それぞれの部位が祀られているという由来のある神社である。新庄市を中心に七ヶ所の七所明神があるが、その一つが新庄市宮内地区にある。宮内地区には皇子の頭の部位が祀られているという。そういった七所明神の伝説に触れ、学んでもらい、そして、御祭燈祭りや伝統工芸の制作などを通して、新庄市宮内地区における地域活動のあり方を探ってもらう。

講師 七所明神の環境を良くする会 代表 叶内克和
授業計画 【1回目】
1日目 講話「七所明神について」→七所明神巡り
2日目 萱刈作業→芋煮→絵馬製作
【2回目】
1日目 御祭燈祭準備→もちつき体験→御祭燈祭
2日目 御祭燈祭後片付け→伝統工芸(はけご)製作→活動に対しての感想と提言
訪問日 1回目:10/28・29
2回目:1/13・14
実施担当部署 新庄市教育委員会 社会教育課
コンテンツ:終わり
ページの先頭へ