自然、環境、文化、歴史、ひと、五感を研ぎ澄ませて「もがみ」を感じる

ホーム > フィールドワーク 共生の森もがみ > プログラム一覧 > 新庄伝統の民俗文化を体験しよう〜隠明寺凧と昔語り〜

  • エリアキャンパスもがみとは?
    • 設立経緯
    • 取組内容
    • プロモーションビデオ
  • フィールドワーク共生の森もがみ
    • 授業内容
    • プログラム一覧
    • 受講スケジュール
  • 事業カレンダー
    • 事業カレンダー
  • 報告書
    • 研究年報
  • もがみ関連リンク集

新庄市

新庄伝統の民俗文化を体験しよう〜隠明寺凧と昔語り〜

新庄伝統の民俗文化を体験しよう〜隠明寺凧と昔語り〜

目的・概要

自然豊かな新庄には、数多くの伝統文化が現代まで伝えられている。それらを保存・伝承している団体とともに活動を行うことで、地域の伝統文化への理解を深めることを目的とする。1回目は山形を代表する凧である『隠明寺凧(おんみょうじたこ)』について、その歴史を学び、実際に凧を制作する。2回目は新庄・最上地域に伝わる『民話』について、講義、実習をとおして学び、民話を生かしたまちおこしについて考える。

講師 隠明寺凧保存会 事務局長 佐々木新一郎
新庄民話の会 会長 佐藤榮一 ほか
授業計画 【1回目】
1日目 ガイダンス 講義:『隠明寺凧の歴史について』 実習:隠明寺凧制作(絵付け)
2日目 実習:隠明寺凧制作(組立て)、凧揚げ(※)
※雨天時は内容を変更する場合があります
【2回目】
1日目 ガイダンス 講義:『新庄の民話』 実習:伝承の民話を聴く&語る
2日目 散策:伝説の舞台となった地を巡る 意見交換:『民話を生かしたまちおこし』
訪問日 1回目:11/11・12
2回目:11/18・19
実施担当部署 新庄市教育委員会 社会教育課
コンテンツ:終わり
ページの先頭へ