自然、環境、文化、歴史、ひと、五感を研ぎ澄ませて「もがみ」を感じる

ホーム > フィールドワーク 共生の森もがみ > プログラム一覧 > 子どもたちの自然体験支援講座2

  • エリアキャンパスもがみとは?
    • 設立経緯
    • 取組内容
    • プロモーションビデオ
  • フィールドワーク共生の森もがみ
    • 授業内容
    • プログラム一覧
    • 受講スケジュール
  • 事業カレンダー
    • 事業カレンダー
  • 報告書
    • 研究年報
  • もがみ関連リンク集

真室川町

子どもたちの自然体験支援講座2

子どもたちの自然体験支援講座2

目的・概要

目的:山形県神室少年自然の家主催事業への参加し、地域の自然や人々とふれ合ったり、子どもたちの体験活動を支援したりする立場を通して、自らの豊かな感性と社会性を磨く。
概要:実際に主催事業の運営に携わることで様々な自然体験活動を通して自分自身が自然の素晴らしさを感じたり、子どもの変容や学びを支えることで学び手としての自分自身を見つめたりして、今後自己を磨いていくきっかけづくりにする。

講師 山形県神室少年自然の家 職員
授業計画 【1回目】主催事業「親子ふれあいキャンプ〜世代交流編〜」運営参加 「里山の年越し文化ものづくり体験」−小学生とその保護者対象
・班付きスタッフ、・しめ飾り作り、・老人クラブの方との交流、・館内調理  など
【2回目】主催事業「わんぱく探検隊〜雪の巻〜」運営参加 −小学3・4年生児童のキャンプ活動支援
・班付きスタッフ、館内調理、テント泊、雪遊び など
訪問日 1回目:12/9・10
2回目:1/6・7
実施担当部署 研修主事 福澤 徹
コンテンツ:終わり
ページの先頭へ