自然、環境、文化、歴史、ひと、五感を研ぎ澄ませて「もがみ」を感じる

ホーム > フィールドワーク 共生の森もがみ > プログラム一覧 > 里山保全とキノコ料理

  • エリアキャンパスもがみとは?
    • 設立経緯
    • 取組内容
    • プロモーションビデオ
  • フィールドワーク共生の森もがみ
    • 授業内容
    • プログラム一覧
    • 受講スケジュール
  • 事業カレンダー
    • 事業カレンダー
  • 報告書
    • 研究年報
  • もがみ関連リンク集

戸沢村

里山保全とキノコ料理

里山保全とキノコ料理

目的・概要

四方を山々に囲まれた角川地域は、山からの恵みが豊富である。この山を守り、利用する活動を行う。里山のナラ枯れ防止対策にも資する炭焼き材の切り出し、森林の管理作業、きのこ採り、きのこ料理作り、なめこの植菌、山の宝を利用した物作りなどの活動を体験する。

講師 田舎体験塾つのかわの里事務局スタッフ及び角川地区の講師
授業計画 【1回目】
1日目 地元産「最上早生」のそば打ち体験。午後は炭焼き材の切り出し・木割り・運搬を行う。
2日目 キノコ採り、キノコ料理つくりを行う。午後は、ナラの苗の植樹となめこの植菌を行う。
【2回目】
1日目 杉林の除伐・間伐を行う。午後は製材所の見学、杉林の枝打ちを行う。
2日目 山の宝を利用した物作り。
訪問日 1回目:11/12・13
2回目:11/26・27
実施担当部署 田舎体験塾つのかわの里
コンテンツ:終わり
ページの先頭へ