○山形大学基盤教育履修規程

平成8年4月1日

(趣旨)

第1条 この規程は,山形大学科目履修規程第3条の規定に基づき,山形大学(以下「本学」という。)において基盤教育科目として開設する授業科目,修得すべき単位数及び授業時間数,履修等について必要な事項を定めるものとする。

(授業科目)

第2条 基盤教育科目として開設する授業科目の区分は,導入科目,基幹科目,教養科目,共通科目及び展開科目とする。

2 基盤教育の授業科目等は,別表のとおりとする。

3 共通科目のコミュニケーション・スキル(以下「スキル」という。)2のうち日本語は外国人留学生に対して開設し,必要な事項は別に定める。

4 外国人留学生以外の学生で,外国において相当の期間中等教育(中学校又は高等学校に対応する学校教育をいう。)を受けた者及び中国引揚者等子女については,前項の規定を準用することができる。

(修得すべき単位数)

第3条 基盤教育科目として開設する授業科目のうち,卒業に必要な単位数は,次のとおりとする。

(1) 導入科目は,各学部2単位とする。

(2) 基幹科目は,各学部4単位とする。

(3) 共通科目のスキル1は各学部英語4単位,スキル2は人文学部,地域教育文化学部及び医学部医学科は4単位とする。ただし,農学部のスキル2については,学部の定めるところによる。

(4) 教養科目,共通科目(スキル1及びスキル2を除く。)及び展開科目は,各学部の定めるところによる。

(単位の計算基準)

第4条 授業科目の単位の計算基準は,山形大学学部規則(以下「規則」という。)第31条に基づき,原則として次のとおり定める。

(1) 講義については,15時間の授業をもって1単位とする。

(2) 演習については,15時間の授業をもって1単位とする。ただし,スキル1及びスキル2は30時間の授業をもって1単位とする。

(3) 実験,実習及び実技については,30時間の授業をもって1単位とする。

(授業)

第5条 授業は,講義,演習,実験,実習若しくは実技のいずれかにより又はこれらの併用により行う。

2 授業時間割,授業担当教員及び授業内容は,学年の始めに公示する。

(履修科目の登録)

第6条 学生は,履修しようとする授業科目を学期の始めに,所定の履修届を用いて,定められた期日までに届け出て,登録しなければならない。

2 履修科目を登録しない者は,単位認定を受けることができない。

3 履修科目登録後の変更は,原則として認めない。

4 やむを得ない理由による履修取消しについては,一定の手続きを経た上で認めるものとする。

(履修方法)

第7条 授業科目の履修方法に関し必要な事項は,別に定める。

(成績の審査)

第8条 履修した授業科目の成績の審査は,各授業担当教員が学修状況,試験の成績等によって行う。

2 成績の審査は,各授業科目について100点満点とし,60点以上を合格とする。この場合において,100~90点をS,89~80点をA,79~70点をB,69~60点をCとし,59~0点をFとする。

3 成績の審査に合格した者に対しては,所定の単位を与える。

4 単位は,学期ごとに与える。

5 第6条第4項の規定による履修取消しをしないで履修を放棄した場合は,Fとする。

6 次の各号のいずれかに該当する者は,成績の審査を受けることができない。

(1) 休学中の者

(2) 規則第65条により懲戒中の者

(入学前の学修成果の認定)

第9条 規則第36条に規定する本学入学前の学修成果の認定は,各学部の定めるところによる。

2 前項の学修成果の認定に伴う履修期間の短縮は行わない。

(他大学等との単位互換)

第10条 規則第35条の規定に基づく,他大学等との単位互換による基盤教育科目に係る単位認定については,各学部の定めるところによる。

(外部試験の成果の認定)

第11条 規則第35条第3項及び第36条第2項の規定に基づく,外部試験(TOEIC,TOEFL及び実用英語技能検定(英検))の成果については,基盤教育科目のスキル1の単位として認定する。

(進級条件)

第12条 各学部における2年次への進級条件は,各学部の履修要項等の定めるところによる。

附 則

1 この要綱は,平成8年4月1日から施行する。

2 この要綱は,平成8年度入学者から適用し,平成7年度以前の入学者については,各学部の定めるところによる。

附 則

この要綱は,平成10年4月1日から施行する。

附 則

1 この要綱は,平成11年4月1日から施行する。

2 改正後の山形大学教養教育履修要綱の規定は,平成11年度入学者から適用し,平成10年度以前の入学者については,なお従前の例による。

附 則

この要綱は,平成12年4月1日から施行する。

附 則

1 この要綱は,平成13年4月1日から施行する。

2 改正後の山形大学教養教育履修要綱の規定は,平成13年度入学者から適用し,平成12年度以前の入学者については,なお従前の例による。ただし,改正後の第6条第4項及び第9条第5項並びに外国語科目(コリアン)に係る規定は,平成12年度以前の入学者についても適用する。

附 則

1 この要綱は,平成14年4月1日から施行する。

2 改正後の山形大学教養教育履修要綱の規定は,平成14年度入学者から適用し,平成13年度以前の入学者については,なお従前の例による。ただし,改正後の外国語科目(韓国語)に係る規定は,この要綱施行後,平成13年度以前の入学者が当該科目を履修する場合も適用する。

附 則

この要綱は,平成15年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は,平成16年4月1日から施行する。

附 則

1 この要綱は,平成17年4月1日から施行する。

2 改正後の山形大学教養教育履修要綱の規定は,平成17年度入学者から適用し,平成16年度以前の入学者については,なお従前の例による。

附 則

1 この要綱は,平成18年4月1日から施行する。

2 改正後の山形大学教養教育履修要綱の規定は,平成18年度入学者から適用し,平成17年度以前の入学者については,なお従前の例による。

附 則

1 この要綱は,平成19年4月1日から施行する。

2 改正後の山形大学教養教育履修要綱の規定は,平成19年度入学者から適用し,平成18年度以前の入学者については,なお従前の例による。ただし,改正後の第9条(成績の審査)に係る規定は,平成18年度以前入学者についても適用する。

附 則

この規程は,平成20年4月1日から施行する。

附 則

1 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

2 改正後の山形大学基盤教育履修規程の規定は,平成22年度入学者から適用し,平成21年度以前入学者については,なお従前の例による。

附 則(平成24年4月1日)

1 この規程は,平成24年4月1日から施行する。

2 改正後の山形大学基盤教育履修規程の規定は,平成24年度入学者から適用し,平成23年度以前入学者については,なお従前の例による。

附 則(平成24年11月21日)

1 この規程は,平成25年4月1日から施行する。

2 改正後の山形大学基盤教育履修規程の規定は,平成25年度入学者から適用し,平成24年度以前入学者については,なお従前の例による。

附 則(平成26年1月8日)

1 この規程は,平成26年4月1日から施行する。

2 改正後の山形大学基盤教育履修規程の規定は,平成26年度入学者から適用し,平成25年度以前入学者については,なお従前の例による。

附 則(平成27年3月11日)

1 この規程は,平成27年4月1日から施行する。

2 改正後の山形大学基盤教育履修規程の規定は,平成27年度入学者から適用し,平成26年度以前入学者については,なお,従前の例による。

別表

基盤教育の授業科目等

区分

授業科目名

科目

領域

導入科目

スタートアップセミナー

スタートアップセミナー

アドバンストセミナー

アドバンストセミナー

基幹科目

人間を考える

人間を考える

共生を考える

共生を考える

教養科目

文化と社会

哲学

心理学

歴史学

文学

芸術

言語学

文化論

法学

経済学

社会学

政治学

地理学

地域科学

日本国憲法

教養セミナー

自然と科学

生物科学

地球環境学

数理科学

物理学

化学

教養セミナー

応用と学際

応用

学際

教養セミナー

山形に学ぶ

地域学

教養セミナー

共通科目

コミュニケーション・スキル1

英語

コミュニケーション・スキル2

ドイツ語

フランス語

ロシア語

中国語

韓国語

日本語

情報リテラシー

情報処理

健康・スポーツ

健康・スポーツ科学

スポーツ実技

スポーツセミナー

サイエンス・スキル

数学

物理学

化学

キャリアデザイン

キャリアデザイン

展開科目

高学年次開講で,詳細は各学部の定めるところによる。

山形大学基盤教育履修規程

平成8年4月1日 種別なし

(平成27年4月1日施行)