GPA制度

 合格した成績の評定をS,A,B,Cの4段階で行い、成績を平均化したGPA(Grade Point Average)を全学的に導入しています。

(1)GPAの対象となる授業科目
  適用除外科目を除くすべての授業科目がGPAの対象となります。
  また、以下の科目は適用除外科目であり、GP(Grade Point)が付加されません。

  1 合格か不合格かだけを判定する授業科目
  2 編入学または転入学した際の単位認定科目
  3 本学入学前に修得した単位認定科目
  4 他大学との単位互換等で修得した科目

  教育職員免許や学芸員等の資格取得が目的で、卒業要件単位数に含まれない科目についても、GPAの算定対象となりますので、ご注意ください。

(2)成績評価の評定記号と付加するGP
  成績評価は点数方式で行われ、以下の評定記号(S〜F,N)に応じ、それぞれの評定区分に応じたGPが付加されます。
評価区分 評定記号と評価内容 付加するGP
100〜90点 S(秀):特に優れた成績である
89〜80点 A(優):優れた成績である
79〜70点 B(良):概ね妥当な成績である
69〜60点 C(可):合格に必要な最低限度を満たした成績である
59〜0点 F(不可):合格には至らない成績である
  N:単位認定科目であり、GPAの対象としない なし

(3)GPAの定義
  GPAは、GPA対象授業科目のうち、履修登録した科目(履修登録後、履修取消を行わなかった科目も含む。)についてそれぞれの単位数にグレードポイント(4,3,2,1,0のいずれか)をかけ、その合計ポイントGPSを、それぞれの単位数の総和で割ったものとなっています。
(例)GPA算出方法
科 目 名 評 定 単 位 数 G P
 ○○○○○○基礎 2単位 2×4= 8
 △△△△△△実験1 1単位 1×0= 0
 ◇◇◇◇◇◇実験2 2単位 2×3= 6
合 計 5単位 14点(GPS)
GPA = 14点 ÷5単位 = 2.8
             (この単位数↑にはF:不合格科目の単位数も含みます。)

(4)再履修した科目の学習成績
  不合格となった科目を再履修した場合は、不合格の学習成績と新たな学習成績のデータが併記して累加記録に記録されます。(成績確認表とサポートファイルにも表示されます。)