写真

研究のあゆみ

(戦後における公開研究会の系譜)○ 公開研究会の時期 ※研究課題 ▲講演

○ 昭和21.11.15(金)-16(土)

▲新教育の指標と実践
東京文理科大学講師 文部省嘱託 安藤堯雄

○ 昭和22.7.11(金) -12(土) -13(日)

▲新教育の実践について
文部省初等教育課長 坂元彦太郎
▲合衆国における新制中学生徒と教師の関係
軍政部係官 マーシャル

○ 昭和23.10.15(金) -16(土) -17(日)

▲発達と学習と指導を巡って
文部事務官 井坂行男

○ 昭和24.6.25(金) -26(土)

▲社会科学習上の諸問題
文部事務官 長坂端午

□ 昭和26.11.16(金) -17(土)


○ 昭和26.11.16(金) -17(土)

▲学習指導法の改善と道徳教育
文部事務官 木宮乾峰

○ 昭和27.9.19(金) -20(土)

※個人差に応ずる指導をいかにするか
▲現代教育の批判的考察
東京文理科大学講師 安藤堯雄
▲社会科の諸問題
文部事務官 長坂端午

○ 昭和28.6.12(金) -13(土)

▲家族制度の崩壊過程における小中学校家庭科の指導について
東北大学教授 中川善之助

○ 昭和29.6.17(金) -18(土)

▲日本経済の現状とその将来
慶應義塾大学教授 千種義人

○ 昭和30.6.9(木) -10(金)

※基礎技能の指導はどうあるべきか
▲道徳教育の諸問題
お茶の水女子大学助教授 勝部真長
▲理科教育の諸問題
山形大学教育学部助教授 嶋田治

○ 昭和31.6.14(木) -15(金)

▲造形教育における基礎能力の一考察
山形大学教育学部助教授 長野亘
▲算数科における基礎技能
同講師 竹内芳男
▲社会科学習における問題と方法
同助教授 谷口恒男
▲体育における基礎技能の構造とその指導
同・安在武八郎

○ 昭和32.6.3(月) -4(火)

※基礎能力の指導はいかにあるべきか。
▲国語科における基礎技能
山形大学教授 永山勇
▲音楽鑑賞の基礎技能
同 齋藤次郎
▲実験観察と基礎技能
同 鈴木庄一郎
▲家庭科学習における基礎技能
同 斎藤一郎

○ 昭和33.6.3(火) -4(水)

▲東北総合開発について
東北総合開発審議会 村山道雄
▲道徳の諸問題をめぐって
慶應義塾大学教授 池田潔
▲新教育課程の動向
東京教育大学名誉教授 山田栄

○ 昭和34.6.23(火) -24(水)

※系統的学習指導はいかにあるべきか
▲私の人生観
評論家 片岡潔
▲おさな心を温めよう
童話作家 浜田廣介
▲系統的学習と新指導要領
山形大学教授 工藤泰正

○ 昭和35.6.8(水) -9(木)

▲新しい時代の科学
元学習院大学教授 松井巻之助
▲授業研究について
山形大学教授 工藤泰正
▲私の人生観
山形大学長 関口勲

○ 昭和36.5.7(水) -8(木)

▲新しい学級経営
東京教育大学教授 山田栄
▲授業研究について
山形大学教授 工藤泰正

○ 昭和37.6.5(火) -6(水)

▲山形県の地質について
山形大学教育学部長 藤本治義

○ 昭和38.5.30(木) -31(金)

※授業改善の着眼点に立った指導法
▲ヨーロッパとアメリカを見て
評論家 片岡潔
▲日本の「うた」の伝統と交流
山形大学教育学部助教授 浅野健二

○ 昭和39.5.4(木) -5(金)

▲教科特別講演会
山形大学教育学部教官

○ 昭和40.6.18(金) -19(土)

▲授業の論理の追求ということ
北海道大学教育学部助教授 鈴木秀一

○ 昭和41.6.1(水) -2(木)

※授業の論理を求めて
▲論理的思考と創造的思考
東京大学講師 滝沢武久

○ 昭和42.5.26(金) -27(土)

※教材化のための子ども研究
▲現代の学習心理学に学ぶもの
お茶の水女子大学教授 波多野完治

○ 昭和43.5.30(木) -31(金)

※授業のつまずきとその克服
▲新教育課程の動向
東京教育大学名誉教授 山田栄

○ 昭和44.6.5(木) -6(金)

※授業の組織化による子どもの変容
▲集合の考え方とその指導
山形大学教育学部教授 松岡元久

○ 昭和45.6.4(木) -5(金)

▲琉球語
山形大学教育学部長 永山勇

○ 昭和46.6.3(木) -4(金)

▲授業における集団性の再検討
宮城教育大学助教授 岩浅農也

○ 昭和47.6.1(木) -2(金)

 ※学力の創造と授業過程
▲子どもにとって学力とはなにか
お茶の水女子大学教授 吉田昇

○ 昭和48.5.30(水) -31(木)

▲新しい学力と授業過程
千葉大学教授 井上弘

○ 昭和49.5.30(木) -31(金)


○ 昭和50.10.1(水) -2(木)

▲生きた学力の形成と授業過程
お茶の水女子大学教授 吉田昇

○ 昭和51.6.2(水)

※自己表現をめざす子どもの育成

○ 昭和52.5.31(火) -6.1(水)

(みのり活動ー総合運動ーの時間を特設)

○ 昭和53.5.30(火) -31(水)

▲ゆとりある教育
山形大学教育学部教授 溝口謙三

○ 昭和54.5.31(木) -6.1(金)

▲日本の教育を考える(ご夫婦によるリレー講演)
ードイツ・自由ヴアルドルフ学校の子育て記ー
東京大学助教授 新田義之 新田貴代

○ 昭和55.5.29(木) -30(金)

※学校生活における「充実」の探
▲世界の中の日本の教育
ー日本の教育の基本的課題ー
前国立教育研究所長 平塚益徳

○ 昭和56.6.4(木) -5(金)

▲子どもの教育
文部省大学入試センター所長 加藤陸奥雄

○ 昭和57.5.27(木) -28(金)

▲充実した学校生活の創造
お茶の水女子大学教授 河野重男

○ 昭和58.6.2(木) -3(金)

▲自己学習能力を育てる学校教育
独協大学教授 波多野誼余夫

○ 昭和59.6.7(木) -8(金)

▲充実した学校とゼヒトモ教師論
お茶の水女子大学教授 森隆夫

○ 昭和60.6.6(木) -7(金)

※子どもが「充実」する授業の創造
▲子どもの学習と操作活動
東京電気通信大学教授 滝沢武久

○ 昭和61.6.5(木) -6(金)

※自ら生活を創造する子どもの育成
「学習の個性化をめざして」
▲個を育てる教師
都留文科大学長 上田薫

○ 昭和62.6.4(木) -5(金)

※同「個性に気づく」
▲学習と個性
大東文化大学教授 村井寛

○ 昭和63.6.2(木) -3(金)

※同「個性を磨く」
▲真の個性教育を考える
大阪大学助教授 梶田叡一

○ 平成元年6.8(木) -9(金)

※同「個性を発揮する」
▲個性を生かす教育と生活化
お茶の水女子大学教授 森隆夫

○ 平成2.6.7(木) -8(金)

※同「個が育つ」授業の実践
▲教育における個性と基礎・基本
名古屋大学教授 安彦忠彦

○ 平成3.6.6(木) -7(金)

※同「個が育つ」教材の開発(一年次)
▲豊かな社会に問われる「感性の教育」
広島大学教授 片岡徳雄

○ 平成4.6.4(木) -5(金)

※同「個が育つ」教材の開発(二年次)
▲教科別講演会
国語 確かに理解させ表現させる国語教育
仙台市教育委員会教育研修室長 大宮貞昭
社会 「豊かな学びの力」を育てる社会科の授業
福島大学教育学部附属小学校副校長 宮前貢
算数 見通しをもち、自ら進んで学習する算数指導のあり方
盛岡市立仁王小学校教諭 長谷川滋
理科 新たな学力観と理科教育
仙台市立上野山小学校教頭 小室信
生活 子どもも教師も楽しむ生活科
仙台市立西山小学校教諭 佐藤善昭
図工 子どもの願いに応える図画工作科の授業の創造
山形大学教育学部講師 水島尚喜

○ 平成5.6.3(木) -4(金)

※同「自己評価の生きる授業」
▲新しい学力観と自己評価
大阪大学人間科学部教授 梶田叡一

○ 平成6.6.2(木) -3(金)

※同「自己変容の確実化を図る整理の場面のあり方」
パネルディスカッション
テーマ「新しい学力観に立つ授業ーその具体像を探るー」
パネラー
板垣慧(国学院大学栃木短期大学教授)
木村康二(東南村山教育事務所指導課長)
佐々木博(山形市立第五小学校教諭)
中井義時(山形大学教育学部助教授)
コーディネーター
滝沢利直(山形大学教育学部助教授)

○ 平成7.6.1(木) -2(金)

※同 学習意欲が高まる整理の段階と「確かめ活動」
▲自らを成長させる子どもの教育
お茶の水女子大学教授 無藤隆

○ 平成8.6.6(木) -7(金)

※仲間とともに夢と文化を創造する子どもの育成
全体提案授業とパネルディスカッション
全体提案授業 算数「未来予想図1」 授業者 鈴木一尋
パネラー
山本一郎(教育評論家・元米沢興譲館高等学校長)
石川敬義(山形新聞社論説委員)
田口由美子(東南村山教育事務所指導課長)
滝沢利直(山形大学教育学部助教授)
コーディネーター
鈴木弘康(山形県教育センター指導主事)
基調提案 中井義時(研究部長)
▲「生きる力」が育つ新しい教育課程のあり方
お茶の水女子大学教授 宮原修

○ 平成9.6.5(木) -6(金)

※同(2年次)
対談
テーマ「子どもが主役の学校づくり」
講 師
佐藤学(東京大学大学院教育学研究科教授)
滝沢利直(山形大学教育学部助教授)

○ 平成10.6.11(木) -12(金)

※同(3年次)
対談
テーマ「仲間とともに夢と文化を創造する学校」
講 師
佐藤学(東京大学大学院教育学研究科教授)
滝沢利直(山形大学教育学部助教授)

○ 平成11.6.10(木) -11(金)

※同(4年次)
対談
テーマ「21世紀に向けて、学校は今・・・」
講 師
竹田青嗣(明治学院大学国際学部教授)
滝沢利直(山形大学教育学部助教授)

○ 平成12.6.8(木) -9(金)

※同(5年次)
対談
テーマ「今、教師に求められる授業づくり」
講 師
鈴木恵子(静岡県藤枝市立藤枝小学校教諭)
江間史明(山形大学教育学部助教授)
コーディネーター
出口毅(山形大学教育学部助教授)

○ 平成13.6.14(木) -15(金)

※同(6年次)
座談会「新しい学校づくりを考える」
ゲスト
長南博昭(山形県教育庁教育次長)
江間史明(山形大学教育学部助教授)
コーディネーター
出口毅(山形大学教育学部助教授)

○ 平成14.6.13(木) -14(金)

※同(7年次)
座談会「これからの学校の姿を問う」
ゲスト
奥山勉(宮城教育大学附属小学校研究部長)
大石正文(福島大学教育学部附属小学校研究部長)
中井義時(山形県教育庁義務教育課主任指導主事)
コーディネーター
出口毅(山形大学教育学部助教授)

○ 平成15.6.12(木) -13(金)

※同(8年次 <最終年次>)
講 演「子どもの求めに立つこれからの授業づくり」
講 師 藤井千春(早稲田大学教育学部助教授)

○ 平成16.6.10(木) -11(金)

研究テーマ
※自ら学びをもとめ続ける子どもの育成(1年次)
対 談
藤井千春(早稲田大学教育学部教授)
藤田喜人(富山市立堀川小学校教務主任)
佐藤昌彦(本校研究部長)
コーディネーター
出口毅(山形大学教育学部助教授)
講 演
藤井千春(早稲田大学教育学部教授)

○ 平成17.6.9(木) -10(金)

研究テーマ
※同(2年次)
全体提案授業・パネルディスカッション
藤井千春(早稲田大学教育学部教授)
大谷敦司(山形県教育庁義務教育課指導主事)
佐藤卓生(本校研究部長)
奈良崎芳晴(授業者)

○ 平成17.11.11(金)

研究テーマ
※同(3年次)
シンポジウム「これからの学校研究を考える」
パネルディスカッション
藤田喜人(富山市立堀川小学校教務主任)
井澤ますみ(上越市立高志小学校研究主任)
佐藤卓生(本校研究部長)
神野恭一(本校教諭)
講 演
藤井千春(早稲田大学教育学部教授)

○ 平成18.6.15(木) -16(金)

研究テーマ
※同(4年次)
講 演「子どものストーリーをとらえるということ」
講 師
藤井千春(早稲田大学教育学部教授)
鼎 談「子どもにとっての『学び甲斐』とは」
講 師
藤井千春(早稲田大学教育学部教授)
大谷敦司(山形県教育庁義務教育課指導主事)
佐藤卓生(本校研究部長)

○ 平成18.11.17(金)

研究テーマ
※同(4年次)
基調提案
坂本明美(山形大学教職研究総合センター)
鼎 談「学校研究と子どもの育ち」
講 師
江川久美子(天童市教育委員会指導主事)
菊地哲(天童市立天童北部小学校教諭)
佐藤卓生(本校研究部長)
講 師
藤井千春(早稲田大学教育学部教授)

○ 平成19.6.14(木) -15(金)

研究テーマ
※同(5年次)
対 談「子どもの学びを考える」
藤井千春(早稲田大学教授)
奈須正裕(上智大学教授)
コーディネーター
大谷敦司(山形県教育庁義務教育課)
全体提案授業をもとにして
吉田健志(山形市立第四小学校研究主任)
菊地哲(天童市立天童北部小学校研究主任)
佐藤卓生(本校研究部長)
講 演「子どもが自らのストーリーを展開させていくためには」
講 師
藤井千春(早稲田大学教授)

○ 平成19.11.16(金)

研究テーマ
※同
対 談『「子どもの学び」をとらえる〜カウンセリング的・教育相談的な視点から』
荒田修一(富山県総合教育センター研究主事)
佐藤卓生(本校研究部長)
講 演『「子どもの学び」からみるゆるぎない教育』
講 師
藤井千春(早稲田大学教授)

○ 平成20.6.20(金)

研究テーマ
※同
対 談「附小の子どもの育ちとC改革」
井上賢一(山形県教育庁義務教育課主任指導主事)
佐藤卓生(本校研究部長)
講 演「子どもの確かな育ちを支える,ゆるぎない教育」
講 師
藤井千春(早稲田大学教授)

○ 平成20.11.14(金)

研究テーマ
※同
シンポジウム『確かな子どもの育ちを支える授業づくりへの提言』
広田積芳(富山市立堀川小学校教務主任)
佐藤卓生(本校研究部長)
コーディネーター
出口毅(山形大学地域教育文化学部教授)

○ 平成21.6.18(木)-19(金)

研究テーマ
※同
鼎 談「子どもの育ちを支える教師の研修」
中井義時(山形県教育庁義務教育課課長補佐)
三浦登志一(山形大学教職大学院准教授)
佐藤卓生(本校研究部長)
コーディネーター
大谷敦司(中山町立長崎小学校教頭)

○ 平成21.11.13(金)

研究テーマ
※同
対 談「子どもの表現と授業づくり」
藤井千春(早稲田大学教授)
中井義時(山形県教育庁義務教育課課長補佐)

○ 平成22.6.4(金)

研究テーマ
※同
シンポジウム「新学習指導要領における具体的な授業とは」
水戸部修治(文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官国語科)
笠井 健一(文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官算数科)
直山木綿子(文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官外国語科(英語))
コーディネーター
出口 毅(共同研究者:山形大学大学院教育実践研究科教授)
講 演『学習活動への取り組みを本質的に動機付けるもの』
講 師
藤井千春(早稲田大学教授)

○ 平成22.11.12(金)

研究テーマ
※同
対 談『子どもを洞察する目を豊かにする』
西 研 (東京医科大学医学部哲学教室教授)
藤井千春(早稲田大学教授)

○ 平成23.6.3(金)

研究テーマ
※同
領域別分科会
言語活動:『各教科等における言語活動の位置づけ』
水戸部修治(文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官国語科)
外国語活動:『外国語活動の具体的な授業のポイント』
直山木綿子(文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官外国語科(英語))
幼保小連携:『子どもの学びの連続性をとらえた幼保小連携』
樋渡美千代(山形県教育庁義務教育課指導主事)
安達 欣也(中山町立長崎小学校教諭)
特別支援:『今、特別支援の「当たり前」を再考する』
宮崎 昭 (山形大学地域教育文化学部附属教職研究総合センター教授)
対 談『目の前の子どもを育てる授業の思想』
露木 和男(早稲田大学教授)
椙田萬理子(奈良女子大学附属小学校副校長)
コーディネーター
出口 毅 (共同研究者:山形大学大学院教育実践研究科教授)

○ 平成23.11.11(金)

研究テーマ
※自ら学び続ける子どもの育成
講 演『子どもを育てる私の教育論〜授業づくりの理念と実践〜』
金森 俊朗(北陸学院大学教授)
坪田 耕三(筑波大学教授)
シンポジウム
金森 俊朗(北陸学院大学教授)
 坪田 耕三(筑波大学教授)
コーディネーター
藤井 千春(早稲田大学教授)

○ 平成24.6.8(金)

研究テーマ
※同
教科領域別分科会
学校教育全般:『子どもの確かな育ちを支える教師の役割』
出口 毅 (山形大学大学院教育実践研究科教授)
社会:『社会科における教材化の可能性をさぐる』
高橋菜穂子(農業生産法人国立ファーム株式会社山形ガールズ農場代表取締役)
対 談『子どもの育ちと教師のかかわり』
藤井 千春(早稲田大学教授)
出口 毅 (山形大学大学院教育実践研究科教授)

○ 平成24.11.9(金)

研究テーマ
※同
講 演『心が動けば体が動く』
藤原 茂
(NPO法人夢のみずうみ舎理事長 株式会社夢のみずうみ社代表取締役)
対 談『子どもの育ちと教師のかかわり』
藤井 千春(早稲田大学教授)
出口 毅 (山形大学大学院教育実践研究科教授)

○ 平成25.6.7(金)

研究テーマ
※同
講 演『子どもの育ちを支える教師の専門性』
藤井 千春(早稲田大学教授)
鼎 談『子どものとらえと教師の働きかけ』
出口  毅(山形大学大学院教育実践研究科教授)
江間 史明(山形大学大学院教育実践研究科教授)
森田 智幸(山形大学大学院教育実践研究科講師)

○ 平成27.11.12(木)-13(金)

研究テーマ
※同
講 演『今、求められる授業〜人格形成を見すえた能力育成をめざして〜』
安彦 忠彦(名古屋大学名誉教授)
対 談『子どもの問題解決を支える教師の役割』
藤井 千春(早稲田大学教育総合科学学術院教授)
出口  毅(山形大学大学院教育実践研究科教授)

○ 平成28.6.16(木)-17(金)

研究テーマ
※同
講 演『教科・領域等の問題解決の中で育てていきたい能力』
藤井 千春(早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授)
講 演『授業の事実から、何をどう学ぶのか』
森田 智幸(山形大学 学術研究院 准教授)

○ 平成29.6.15(木)-16(金)

研究テーマ
『たくましさ・しなやかさ』が育つ学び
講 演『関係の中で人は生きる 〜『接面』の人間学に向けて〜』
鯨岡 峻 (京都大学名誉教授)
講 演『「子どもの学び」をデザインする』
森田 智幸(山形大学 学術研究院 准教授)