山形大学 基盤共通教育 英語

山形大学 基盤教育 英語


ALC NetAcademy2での学習

 山形大学では、自分の英語力を図るモノサシとしてTOEIC IPの受験(後期)を必須としています。TOEIC IPは、実践的な英語能力を測定します。特に、いままであまり勉強する機会がなかったリスニングが全問題の半分を占めています。さらに、リーディングでも時間をかけずに判断する問題が多くあり、こちらも訓練が必要です。これらリスニングとリーディングの学習、加えて、英語学習全般をサポートするために、山形大学では自学自習システムALC NetAcademy2を導入しています。

 1年生の基盤共通科目でまず勧めるのは、「スーパースタンダードコース」です。それ以外のコースも充実していますので、積極的に活用してください。 

コース名 こんな人にお勧め!
スーパースタンダードコース TOEIC-IPはどのようなテストか知りたい人
リスニング、リーディングを勉強したい人
スタンダードコース スーパースタンダードコースと同じような教材でもう少し勉強したい人
英語入門コース 中学校の英語からやり直したい人
英語に苦手意識を持っている人
英文法コース 苦手な文法を克服したい人
技術英語<基礎>コース 工業英検対策をしたい人
医学英語<基礎>コース 医療分野で利用する英語を身につけたい人

 

ALC NetAcademy2は自宅など学外からアクセスできます。なお、スマートフォンには対応していません。
学内のPCからもアクセスできますが、ヘッドフォンなどが必要となります。ログイン時は「情報ネットワークセンター利用登録者通知」のユーザー名とパスワードが必要です。


 ※ALC NetAcademy2の利用は2019年3月31日までとなっております。

 

ALC NetAcademy2入口



ALC NetAcademy2使い方はこちら