ホーム > 大学紹介 > 山形大学の紹介 > 大学概要

大学概要

東日本でも有数の規模を誇る総合大学

 山形大学は、人文社会科学部、地域教育文化学部、理学部、医学部、工学部及び農学部の6学部から構成され、1万人にも及ぶ学生が生き生きと勉学に励む、東日本でも有数の規模を誇る総合大学です。

歴史と伝統

 山形大学は、1949年に新制大学に統合される以前から、前身である教育機関(山形高等学校、山形師範学校、山形青年師範学校、米沢工業専門学校及び山形県立農林専門学校)が積み重ねて来た長い歴史と伝統を受け継いでおり、数多くの優れた人材を多数社会に送り出しています。

県内に広がる4つのキャンバス

 山形大学には、山形市、米沢市及び鶴岡市の3地区にまたがる、4つのキャンパスがあります。

 人文社会科学部、地域教育文化学部、理学部のある小白川キャンパス及び医学部のある飯田キャンパスは、蔵王連峰のふもとの県都山形市に、工学部のある米沢キャンパスは、最上川の源をなす吾妻連峰のふもと、伊達、上杉藩ゆかりの城下町米沢市に、農学部のある鶴岡キャンパスは、日本海に近く鳥海山・月山を望む米どころ庄内平野の中心にある鶴岡市にそれぞれ位置しています。各キャンパス間をネットワークで結び連携を図りながら、それぞれの地域の特徴を生かした教育と研究を行っています。

人間力を育てる基盤共通教育

 基盤共通教育は、総合大学の利点を活かした幅広い教養教育と学問の実践に必要な学習技能・知識・能力の修得及び社会に出たときに力強く生きる力である「人間力」の基盤をつくることを目的としています。

 2017年度から始まった、3年一貫の基盤共通教育プログラムは、3つの基盤力「学問基盤力、実践・地域基盤力、国際基盤力」を育成します。また、基盤力テストを実施することにより、学生の到達・達成度を可視化し、学生自身が自らの学びを振り返ることのできる自己学習力を育みます。

季節感あふれる自然環境

 山形大学のある山形県は、日本でも有数の四季の美しさを実感できる地域です。この恵まれた自然環境の中で行われるフィールドワークも数多くあります。キャンパスライフを楽しむ上でも見逃せない魅力、春は花、夏は海。秋は原生林の紅葉や名物の芋煮会、冬はウインタースポーツと、四季折々に楽しめます。