このページの本文へ移動

支援センター紹介

障がい学生支援センター規定

ホーム > 支援センター紹介:障がい学生支援センター規定

山形大学障がい学生支援センター規程

(平成27年3月23日制定)

(設置)
第1条 この規程は、山形大学における学部等に置く教育研究支援施設に関する規程第5条の規程に基づき、山形大学障がい学生支援センター(以下「センター」という。)について必要な事項を定めるものとする。
(設置目的)
第2条 センターは、学内の関係部局等と連携を図りながら、障がいのある学生(以下「障がい学生」という。)への全学的な支援体制強化のために、その企画立案並びに実施方針を示し、障がい学生の円滑な修学に寄与することを目的とする。
(業務)
第3条 センターは、次に掲げる業務を行う。

  1. 障がい学生の受入方針の策定に関すること。
  2. 障がい学生のための教育方法等の提案及び調整に関すること。
  3. 障がい学生からの相談に関すること。
  4. 支援情報等の公開に関すること。
  5. 障がい学生への支援の啓発に関すること。
  6. 施設・設備のバリアフリー化に関すること。
  7. その他障がい学生に必要な業務に関すること。

(職員)
第4条 センターに、次の職員を置く。

  1. センター長
  2. 主担当教員(山形大学学術研究院規程第8条第1項に基づく主担当教員としてセンターに配置された教員をいう。)
  3. 協力教員
  4. 事務職員
  5. その他センター長が必要と認めた職員

(センター長)
第5条 センター長は、山形大学保健管理センター所長をもって充てる。

  1. センター長は、センターの業務を統括する。

(主担当教員)
第6条 主担当教員の選考は、第9条に定めるセンター運営会議の意見を踏まえたセンター長の推薦に基づき、学長が行う。

  1. 主担当教員は、センター長の命を受け、センターの業務を処理する。

(協力教員)
第7条 協力教員は、本学の教員の中から、当該教員が配置されている部局の長の了解を得て、センター長が委嘱する。

  1. 協力教員は、センター長の命を受け、センターの業務を処理する。
  2. 協力教員の任期は2年とし、再任を妨げない。

(その他の職員)
第8条 その他の職員は、センター長が必要と認めた職員で、第9条に規定するセンター運営会議の意見を踏まえ、センター長が委嘱する。

  1. その他の職員は、センター長の命を受け、センターの業務に従事する。

(センター運営会議)
第9条 センターの管理運営に関する重要事項を審議するため、山形大学障がい学生支援センター運営会議(以下「運営会議」という。)を置く。

  1. 運営会議に関し必要な事項は、別に定める。

(事務)
第10条 センターの事務は、小白川キャンパス事務部において処理する。
(その他)
第11条 この規程に定めるもののほか、センターの運営に関し必要な事項は、別に定める。
 附則
この規程は、平成27年4月1日から施行する。

障がい学生支援センター

  • 住所〒990-8560 山形県山形市小白川町1-4-12
  • 開室時間8:30〜17:00(月曜日〜金曜日 ※祝日を除く)
  • TEL.023-628-4922
  • FAX.023-628-4485
  • shougai-shien★jm.kj.yamagata-u.ac.jp

誰もがいきいきと学べる大学