このページの本文へ移動

支援体制

YUハートサポーター募集

「YUハートサポーター」は障がい学生支援スタッフの名称です。

ホーム > 支援体制:YUハートサポーター募集

ボランティアや支援活動に興味のある学生の皆さんへ!
あなたの力が必要です!

障がい学生が、他の学生と同じように学び、学生生活を送るためには、周囲の人たちの理解と支援が必要です。
その支援にあなたも関わってみませんか?
少しでも障がい学生への支援活動に興味があるという方は、入学後、支援センターが実施する「障がい学生支援者養成講座」にぜひご参加ください。
開催については、掲示等でご案内しますのでご確認ください。

YUハートサポーターによる支援活動

YUハートサポーターにお願いしている主な支援内容は、以下の通りです。障がい学生への支援は、障がいの種類によっても異なりますし、障がい学生によってもさまざまです。
YUハートサポーターは、支援技術を身につけた上で、学生の個々のニーズに応じた支援を行います。

視覚障がい

  • 教材等のテキストデータ化及び拡大
  • 対面朗読
  • 代筆
  • 文書のレイアウト調整、など

聴覚障がい

  • 授業における情報保障支援
  • 手書きノートテイク
  • パソコンノートテイク
  • 映像資料の文字おこし、など

運動障がい

  • 学内移動支援
  • 授業における支援・補助
  • ポイントテイク
  • 教科書や資料等の整理、など

YUハートサポーターは山形大学アドミニストレイティブ・アシスタント(AA)に関する規則に基づき活動します。
支援を担当した際は、AAの規則に従い、大学から給与が支払われます。無償ボランティアではありません。
なぜ無償ボランティアではなく、有償で障がい学生支援をお願いするか。
それには、以下の大事な理由があります。

  • 障がい学生が、YUハートサポーターに遠慮しすぎることなく、支援に対する要望を言えるようにするため
  • YUハートサポーターが、障がい学生支援を1つの仕事として責任を持って活動できるようにするため
  • 障がい学生、YUハートサポーター双方が、対等の立場でいられるようにするため

支援を利用する障がい学生も、YUハートサポーターも、みんなでみんなを支援し合い、支援活動をとおして、ともに成長することを期待して、このような支援制度としています。
・支援技術も身につけられる!
・様々な出会いもある!
・空きコマを有意義に過ごせる!

障がい学生への支援活動は、そんなメリットいっぱいで、やりがいを感じながら、貴重な経験ができるお仕事です!!

あなたもYUハートサポーターとして、
障がい学生への支援に関わってみませんか?

YUハートサポーターとして活動するには?

障がい学生支援センターに「YUハートサポーター」として登録→「障がい学生支援技術養成講座」を受講→支援を技術を身につけた後、空きコマを利用して活動開始!

障がい学生支援センター

  • 住所〒990-8560 山形県山形市小白川町1-4-12
  • 開室時間8:30〜17:00(月曜日〜金曜日 ※祝日を除く)
  • TEL.023-628-4922
  • FAX.023-628-4485
  • shougai-shien★jm.kj.yamagata-u.ac.jp

誰もがいきいきと学べる大学